プロフィール
ヤマイシさん
当社では古民家の移築、再生、先代から受継がれた昔ながらの工法(伝統工法)を基本に新しい技術を取り入れながら家造りを行っております。
家造りにかかわって50年。昔の建物をそして昔からの工法を伝承続けていくことを大切に考えています。木・土・紙・石の家は 環境にも体にも優しく100年~200年住むことの出きる丈夫な家です。そんな家をお客様と共に 納得し喜んで頂ける家を造っていきたいと思っております。
古民家(物件あります)、伝統工法(差し鴨居の家、石突きの家、板倉の家、限界耐力計算、薪ストーブetc・・・)、そして 木のことについて疑問などありましたらどうぞお気軽にお問合せください。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:88457
Today:36
Yesterday:73
戦災で焼け残った家が生まれ変わる・・・

長屋門から見た母屋。85年前の民家の改修をしました。
庭も完成し 一段と古民家が生えます。
長い歳月を経て創られてきた民家は 美しさと趣があります。これから また100年~200年と 住み継がれていくことでしょう・・・・・



コメントエリア
■ため息…
初めてコメントさせて頂きます

写真拝見して

うっとりしてしまいました思わずため息です

日本家屋の奥深さ
受け継がれていく住家

憧れます

一度職人の技を拝見したいと心から思いました

■素敵です
日本家屋はいいですね〜

古家でも、耐震加工などができるのでしょうか…?

実家は、移築もして築100年以上建っていた家を、地震が来たらすぐ倒れてしまうから危険だと言われ、10年近く前に取り壊しました

書院などが、今では造られないほどとても素敵だったのですが、古いものに全く興味の無い両親が、欲しいという方にただで持っていってもらったみたいで…
あぁ〜もったいない!…と、後から私一人が惜しい思いをしています
ぴーちゃん 10/09/24 19:08

■うわぁ〜
凄いですね、こういう家に住みたい。
無理だけど。

古民家に住む、憧れるなぁ。

僕の家は小学生の時に取り壊しましたが、築300年と教育委員会の調査でわかったそうです。
色んな古いものが盛大に燃やされていた記憶が有ります。

あぁ〜、もったいない。
今ならあり得ませんね。
ヤマケン 10/09/24 22:54

■ゆかりママさん
コメント有難うございます。

若い世代の方に そう 思っていただけると大変嬉しいです

やっぱり 暗い、寒い、汚い…のイメージの古民家なので若い世代の方には特に敬遠されますが 先代が残してくれた太い梁や柱は太くて、艶があり素晴らしく 癒されます
 
是非 見てほしいです~。
 

■ぴーちゃんさん
有難うございます。

そうですね~ 古民家は興味のない人にとっては ただのゴミなんですよね



■ヤマケンさん
築300年! すごいですね。

 小学校まで住んでみえたということは かなりご立派なお家だったんでしょうね。
一度 見たかったです。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=3368
カレンダー
<< 09 月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
フォトアーカイブ
薪ストーブ フェアー
古民家移築
ちりめん小物と人形展
鶯谷高校 音楽科定期演奏会
薪のある暮らしフェアー
家と庭の見学会
7年経った 今・・・
郡上ビジネスサミット2010 職の祭典
鶯谷高等学校 音楽科 定期演奏会のお知らせ♪
戦災で焼け残った家が生まれ変わる・・・