プロフィール
学びの森パスカルさん
八幡町の学習塾です。

幼児・小・中・高の学習指導、社会人のための英会話教室の他、
通信制高校の学習支援センターもやっています。

「学び」をテーマに、色々と活動しています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1053600
Today:372
Yesterday:343

通信制高校~入学説明会
学びの森パスカルは、通信制高校
日本航空高等学校桃李国際高等学院の2校の学習センターに認定されています。

通信制高校は、自学自習が基本で自由度が大きいのですが、一人で取り組むだけでは、学習のペースがつかみにくい、勉強が分からなくなってしまうなど、途中で挫折してしまいがちです。
 
日本航空高等学校や桃李国際高等学院の通信制システムは、自宅での学習のほか、週に数回塾に通ってもらい、DVDの視聴や個別での指導を受けながら、レポートを作成していきます。

当塾が学習のペースメーカーになりますので、カリキュラムに沿って無理なく学習を進めていくことができます。
3年間で高校卒業資格を得た後は、大学や専門学校などへの進学、就職への道が開けます。 
当塾ではこれまでに5名の卒業生を送り出しました。現在5名が在籍し、卒業に向けて頑張っています。

例えば、
 「現在の在籍校が自分に合わず、転校を考えている人」
 「高校を中退し、編入を考えている人」
 「中学卒業後、高校に進学していない人」
 「資格試験や免許などの取得に時間をかけたい人」
 「将来の夢に向かって技術やスキルを身につけることに時間をかけたい人」 
 「働きながら高校を卒業したい人」
当塾は、そういった人たちの「郡上での受け皿」となるべく頑張っています。

来たる11月7日(土)午後1時~4時 桃李国際高等学院
生徒と保護者のための学校見学と入学説明会を行います。

転校を考えている高校生、通信制に関心のある中3生および保護者の方、是非足をお運び下さい。 (予約制です)

お問い合わせは、
学びの森パスカル 電話0575-65-2908まで

合格!
当塾は

日本航空高等学校通信制学習支援センター

になっております。

今日、ビッグニュースが飛び込みました!


通信制で当塾に通ってくれてたI君が、

岐阜経済大学の推薦入試に合格したのですっ!


これを聞いてからというもの、うれしさがこみ上げてきて

自然と笑みがこぼれてしまいます。


高校1年で学校に行けなくなり、2年生から通信制に切り換えた頃は

本人も親御さんもこれからのことが、さぞご心配だったことと思います。

週に数回うちの塾に通いながら、色々な分野の勉強に取り組んできました。

そうやって少しずつ着実に努力を重ねてきたことがついに花開いたのです。


今回の推薦入試は全国過疎地域奨学生推薦入試と言われるもので、入学金は

40%、授業料は4年間50%が免除されるという、願ってもないものです。


志望理由書を書きながら、自分の将来について一生懸命考える時間を

十分に持てましたし、また面接についても徹底的にシミュレーションし

すべてを自分の言葉で語れるように練習してきました。


本番に強い子だとは思っていましたが、まさか一発合格するとは。

お見事です! うれしいです! 誇りです!


さぁ、扉が開いたぞ~!

これから、思う存分、好きなことをやんなれ!


あ~ 心の底から ほっとに う~れしいわい

原付免許
うちの塾は

日本航空高等学校通信制学習支援センター

でもあります。

通信制高校は、自学自習が基本で自由度が大きいのですが、

逆に学習のペースがつかみにくい、勉強が分からなってしまい挫折してしまうなど、

卒業まで頑張れる人は全体の30%ぐらいと言われています。

日本航空高等学校の通信制システムは、自宅での学習のほか、

週に3回ほど塾に通ってもらい、各1時間半の学習指導を受けながら、

レポート作成などのサポートを受けることができるというもので、

卒業率はほぼ100%に近いものになっています。

例えば、

「現在の在籍校が自分に合わず、転校を考えている人」

「高校を中退し、編入を考えている人」

「中学卒業後、高校に進学していない人」

「学校に通うよりも自分のペースで学習を進めたい人」

「働きながら高校を卒業したい人」

そういった人たちの「郡上での受け皿」となるべく頑張っています。


学習指導は全教科について行ないますが、

特に積み重ねの教科である、数学、英語はマンツーマンで、かなり詳しくやります。


通信制高校では、大げさに言えば、生徒の人生に深く関わることになるため、

教師と生徒という関係で授業を行なうというよりも、

生徒の人生に寄り添い、ともに卒業まで頑張ろう、という感じになります。

現在、白鳥町から2名の生徒が通ってきてくれています。

***********************

さて、この4月から通ってくれているA君、いつもバスに乗って白鳥から来てくれます。

バス代は、自分のバイト代から捻出しているとのこと。立派ですね。

しかし、原付があればうんと安く通えるため、この度

原付の免許を取ることになりました。


まず一緒に、郡上自動車学校へ免許取得の方法を聞きに行きました。

郡上警察署で申し込み、必要書類を揃えたら、関自動車学校で講習を受け、

中濃運転者講習センターで試験を受けるということが分かりました。

一緒に市役所へ戸籍抄本を取りに行ったり、警察署へ行ったり・・・

いい社会勉強にもなったと思います。


原付免許の問題集を購入し、ここ4回の授業では通常の勉強をSTOPし、

交通法規の勉強をしました。このあたり、通信制高校は自由度が大きくていいです。

問題は難しく、私が今やっても勉強しないと合格しないくらいのものです。

○×式のテストで、50問中45問以上正解で合格となります。

模擬テストでは、5回とも合格点に達しませんでした。

間違えた問題を繰り返しやり直し、合計で400から500問くらいはやりました。


そして、この木曜日、一緒に関へ受験に行ったのです。

試験が終る講習センターに行って、待っていると、

なにやら、彼が係員から説明を受けています。

どうやら合格したようです(!)

話を聞くと、6人が受験してうち2人だけが合格だったようです。

しかもその2人は初めて受験での一発合格だったとか。


それから写真を撮ったりなど、手続きがあって、

とうとう原付免許が手に入りました。


やったぞ! 必死に勉強してきた甲斐があったなぁ。

本人も免許を手にし、徐々に喜びが湧いてくるようでした。


彼の人生の資格試験の初挑戦、お見事、一発合格でした。


バイクは、私の友人のお父さんから安く譲ってもらうことになっています。

そのお金もバイト代で払うっていうんだから、本当に君は偉い!


今回は原付免許という、小さな挑戦でしたが、

「自分の人生を自分で切り開いていくこと」

そして、「それが達成できた快感」を忘れないでいて欲しい。


何かあっても、それを周りのせいにしてイジケたりしてしまわないで

自分で挑戦し、トライしていくんだよ。

大丈夫、君ならやれるよ。先生が保証する(^^)/

さぁ、また勉強一緒に頑張ろうな。