プロフィール
学びの森パスカルさん
八幡町の学習塾です。

幼児・小・中・高の学習指導、社会人のための英会話教室の他、
通信制高校の学習支援センターもやっています。

「学び」をテーマに、色々と活動しています。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:1032614
Today:115
Yesterday:131

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
新学期開講間近
ただいま、春期講習の真っ只中です。

どの生徒も前学年までのアヤフヤだったところを見つけては、それを穴埋めする学習を続けています。

うれしいことに、この時期グググッと伸びる生徒がいるんですね。

新しい知識・技能が中々身につかず苦労していた時期を知っているだけに、私たちも本当にうれしくなります。

春期講習が終わりますといよいよ29年度が始まります。

新学期開講は4月5日(水)です。

29年度から、

●中3生は通常の個別授業の他に一斉授業形式の日曜特訓を行います。 

●高校生の授業時間を増やし、自習室も用意しました。 

あなたもやる気ある仲間たちと一緒に頑張ってみませんか! 
合格発表
今日は公立高校の合格発表の日でした。
次々と「合格しましたぁ!」の連絡が入ります。

結果、当塾の生徒は全員第一志望の高校に合格できました。
いやぁ、生徒たちの心の底からの喜びの顔を見るのは、何度経験してもうれしいものです。

また新たな挑戦の三年間が始まります。
腰を据え、じっくりと基礎からまた学習を積み重ねていってほしいと切に思います。 

塾でも、4月からは高校生の授業時間を週に10コマ用意し、また自習室も自由に使えるようにします。大いに活用して下さい。

新学期の募集については、後日また詳しくお知らせしたいと思います。
 
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。

今年も塾生一人ひとりの可能性を少しでも広げていけるよう
全力を尽くしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                     スッタフ一同
うみの日
冬期講習前半が終わりました。
どの生徒も自分が理解できていないところと真剣に向き合いながら、とても一生懸命頑張ってくれています。

昨日、中3の理科の授業で、血液の成分をしました。

パ「白血球ってのは色々な種類があるんだが、けがをしてばい菌、微生物が体の中に入ってくると、集まってきてそれを食べちゃうんだよ。

しかし、ばい菌のほうもドンドン増殖していく。すると、ばい菌を食べきれなくなった白血球は死んでしまう。
その白血球の死骸が集まったものが膿(うみ)なんだ」

生徒「へぇ~」

パ「だからね、膿をみたときに『汚いなぁ』なんて思っちゃかわいそうだよ。『白血球さん、ありがとう』っていう気持ちで見なくちゃね。

そうそう、そういう白血球に感謝する日が7月にあるよね。
『うみの日』」

生徒A「ハハハ くっだらね~」

パ「Bさん、今の話、分かった?」

生徒B「はい。うみの日は白血球に感謝するって日ってことですよね」

おいおい、素直なことはいいけど、信じちゃいけないよ(^^;
でもこういう子が一人いてくれると楽しいなぁ(^^)
皇太子殿下が郡上市を御視察
皇太子殿下と雅子様が郡上市を御視察されました。
当塾の前の歩道も、奉送迎の場所として指定されました。

厳重な警戒体制の中、待つこと30分。




ここ数日天気が良く、透き通った吉田川の水を見て頂けて本当によかったです。
皇族の方の郡上市御訪問は、昭和40年の岐阜国体の際に、相撲会場となった八幡町に昭和天皇が行幸されて以来のことではないでしょうか。
 
祭祭
夏期講習が終わり、9月になりました。
9月は体育祭がありますね。
今日は、郡上高校の体育祭で、生徒は真っ赤に日焼けして勉強に来ました。

部活動が屋内の子たちが顔を真っ赤にしているのに対し、日頃屋外で運動している子たちは、いつも通り「黒く」て何も変わりません(笑) 

郡上高校は文化祭、体育祭が連続して行われます。
コサインの加法定理を覚えてしまいましょう。
cos (α+β)=cosα cosβ ー sinα sinβ 
「高校、祭祭」ですね。

中学校も体育祭が終わると、前期の期末テストが行われます。
この夏、学び直し繰り返した練習の成果が、きちんと結果に表れるよう残りの時間を有効に使っていきましょう。

LINE
中3になる娘が、実力テストに向けて家で勉強をしている。
時々、LINEで質問が来る。

今日は理科の植物を勉強しているようだ。



すると、ギャグを要求してきた。
はい、考えましたとも。大変苦しいですが。



LINEも道具に過ぎない。
どう使うのかも工夫次第だな、と思った。
20th Anniversary
平成8年1月15日、私は郡上八幡で学びの森パスカル(当時は理数塾パスカル)を開設しました。
そう、今日は塾開設20周年の記念すべき日なのです。

パスカルに通ってくれた塾生の皆さん、保護者の皆様、この20年本当にお世話になりました。ありがとうございました。

塾開設時に15歳だった中3生も今年はもう35歳、11歳だった小5生も31歳です。
「結婚しました!」とか、「赤ちゃんが生まれました!」という知らせもたくさん届くようになりました。

20年という年月は、長いようで短く、短いようで長く感じられます。
思えば子どもたちとワクワク、ドキドキしながら一緒に学び続けた20年でした。

この20年で大きく変わったのは、インターネットに代表される私たちを取り巻く情報の形態ですね。
携帯電話が当たり前になり、スマホの登場によってインターネットの膨大な情報をいつでもどこでも取り出せるようになりました。

同時に、その膨大な情報を読み解くリテラシーがますます重要になってきています。情報リテラシーといっても、生まれつき誰も持っていません。それを身につけるためには、言うまでもなく学校の各科目の基礎の習得が必要不可欠です。

情報は変化しません。変わるのはそれを受け取る私たちのほうです。
これからこの社会で生きていかなくてはならない子どもたちに何を伝え、何を残してやるか、私たちはいつも身の引き締まる思いがしています。

これからまた次の10年がやってきます。
どんな10年になるでしょうか。ワクワクが止まりません。

これからも学びの森パスカルをよろしくお願いいたします。

冬期講習終了しました
今日、理科の天体ゼミが終了し、冬期講習が終了しました。

年が明けてから毎日10時間以上喋り続ける日が4日間続きました。
毎晩授業が終わると、真っ白に燃え尽きたような心地よい疲労に包まれています。

いやぁ、今回の中3の冬期講習は楽しかったなぁ~
全部で35時間の授業は長いようで、今まで習った範囲を全部やるには短すぎます。
基礎から丁寧に説明していると、アッという間に時間が過ぎていってしまいます。

数学では特に基礎の大切さを徹底的に説明しました。
どうしたら計算ミスを無くすことができるか。
どうしたら図形の問題が解けるようになるか。
理科では1月の実力テストの範囲に合わせ、説明する範囲を絞りこみました。

今日の天体ゼミは本当に楽しかったです。
ギリシャ神話や星の話をこれでもかと話し、授業は笑いに包まれ、楽しく学ぶことができたと思います。
面白い話をしていくうちに、最初乗る気でなかった生徒が目を輝かせて授業に惹きこまれていきます。 

これからまた通常授業で個別に生徒をみていくことになりますが、それはそれでかゆいところに手が届く丁寧な授業ができ楽しいのですが、やっぱり塾の醍醐味は一斉授業にあることを再認識しました。

いつか死ぬときがあったら、授業をやりながら往生したいなぁ^^;とさえ思いました。 

中3生の皆さん、公立高校入試まで後60日間!
毎日、「今日も精一杯やりきった」という思いで床につけるよう、全力を尽くしていきましょう。 

冬期講習始まりました
27日から冬期講習が始まりました。
中1,中2生は午前中の2時間、数学と英語を個別対応でやっています。

以前に習ったところの問題を解かせてみます。

次々にあやふやだったところが見つかる子
「よかったねぇ。これをマスターすればいいってことだね」

以前ミスばかりしていた子が、すんなりと全問正解
「すんごいなぁ、できるようになったなぁ。頑張ってきてよかったね」

センスはいいんだけど、詰めが甘くミスを連発する子
「これだよ、これが今の君の一番の課題だ」

中3生は午後1時から6時までの長丁場。

数学では、基本の大切さを丁寧に何度も説明しました。
こういう話は、中々素直に聞けないことが多いものです。
 
できる子は必要ないと思って聞かないし、できない子は・・・そもそもそういう話を聞かない(^^;)→それが現在の成績につながっている

どの子の胸にも、ストーンと届く話というのは難しいものです。 

中には完璧に解けるんだけど、さらに上を目指そうと真剣に耳を傾けて話を聞く子もいる。
「今までなんとなく解いてきたけれど、そういうことだったのか!」と目を輝かしてくれる。 こういう子は伸びますね。

理科では地震の話から始めました。

バネを使った縦波(P波)、横波(S波)の実演は好評でした。調子にのって高校でやる定常波も紹介してしまいました。

理科後半は、原子、化学変化における質量の変化など。

久しぶりの一斉授業にこちらもやっていて、とっても楽しいです。
さむい~とか言われることを恐れないで、果敢にギャグなども入れていこうと思います(^^;) 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>