プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2488778
Today:48
Yesterday:363
| 1 | 2 | 最初 | next>>
【告知】けもの塾開校します!!
こんにちは。
長官のぜんです。

今年の3月に獣害対策白書を発行し、獣害対策の地域の担い手を育てる!ことを目的にふるさとけものネットワークを立ち上げました。

そして今年は4回にわたり、けもの塾を開催しております。いよいよ最終回の猪鹿庁るがホストをする番になりました。絶対に使える現場の技術を提供したいと思っています。ふるってご参加ください☆

 

内容

11月19日(木)

12:00 受付開始(昼食は各自)

13:00 オリエンテーション

13:30 「猪鹿庁の作り方」

14:30 「獣害対策の最前線見学(農家集落支援編)」

      「獣害対策の最前線見学(林業支援編)」
※猪鹿庁で取り組んでいる農家集落支援の現場と植樹地おける獣害対策の現場を案内します。捕獲わなの設置も行います。 

18:00「猪鹿庁ジビエ課おもてなしBBQ」
※今年の猪は脂がのっていて旨いと言われています!ここでしか食べれない猪鹿庁オリジナル商品をBBQでご堪能ください!! 

20:00入浴(温泉!) 

11月20日(金)

7:00わなの見回り(希望者のみ) 

9:00「満員御礼エコツアーの作り方」
※猪鹿庁が人気プログラム狩猟学校やエコツアーの作り方を紹介します 

10:00「解体処理施設見学&実演」
※食肉処理施設「ジビエITAYA」にて実際に鹿の解体を見学しながら施設運営のノウハウをお伝えします。 

12:00昼食(ジビエ弁当)

13:00ふりかえり 参加者発案の分科会
※参加者から希望を取り、話したい相談したいテーマでグループを作り議論や相談会を行います!

14:30終了式

15:00解散 

 

日時 
平成 27 年 11 月 19 日(木)~20日(金)1 泊 2 日

※12 時集合、15 時解散

会場 岐阜県郡上市大和町母袋スキー場 ロッジ
 
対象 鳥獣被害対策に携わる方

(自治体担当者、地域おこし協力隊、資機材メーカー等、関連分野学生)

定員 30 名(先着順)

負担金 30,000 円(食事宿泊費(一泊三食)、テキスト込み)

※台風など災害等での延期連絡は前々日までに行います。延期後の日程は後日連絡となります。

※11 月15日以降のキャンセルにはキャンセル料がかかります。

※領収書発行時に各種表記指示承ります。(例、総合対策事業研修費として等)

主催 NPO法人メタセコイアの森の仲間たち

 ※お問合わせは下記けもの塾事務局にお願いします

共催 ふるさとけものネットワーク(けもの塾事務局:猪鹿庁 0575-88-1085 )

申込み方法 11 月 13 日(金)までにふるさとけものネットワークウェブサイト http://furusato-kemono.net

【ご紹介】狩猟事故防止DVD 提供:環境省
環境省より、狩猟事故防止を目的としたDVD
タイトル『運命を分ける瞬間(タイム・ゼロ)』が作成されましたので、
本ブログでもご紹介させていただきます。

↓環境省のリンク先です。
https://www.env.go.jp/press/100239.html



※DVDの内容は、章ごとに以下の環境省動画チャンネルからも
ご覧いただけますので、ハンターの方は是非見てみてください。

全3章からできており、各章のテーマと概要は以下となっております。(以下、抜粋です。)

・第1章 「狩猟中の事故~矢先の安全不確認~(収録時間13分)」
 この章では、30年以上もの狩猟経験を持つベテランハンターが、イノシシ猟の最中に事故を起こし、人ひとりの命を奪ってしまいます。事故に至るまでの詳しいプロセスや、どうしてこのような事故が起こったのかを解説しています。
 ※「矢先(やさき)」とは、銃の発射方向のことです。

 第1章 URL https://www.youtube.com/watch?v=vHk2OCaJLTE 


・第2章 「猟銃の取り扱い~暴発~(収録時間9分)」
 この章では、経験の浅い若手ハンターが、暴発事故によって一緒に狩猟していた先輩ハンターに重傷を負わせてしまいます。一つひとつの些細な行動が事故に繋がる第一歩になっているという実例です。

 第2章 URL https://www.youtube.com/watch?v=ekBFTD8ivYg 


・第3章 「わなによる事故(収録時間10分)」
 この章では、念願の田舎暮らしを始めた主人公の息子が、裏山で遊んでいた際、わなにかかってしまいます。鳥獣被害が深刻化する中で必要とされる狩猟者ですが、このような事故やトラブルを防ぐために、狩猟者には何が求められているのかも含め、解説しています。

 第3章 URL https://www.youtube.com/watch?v=wP0rlleR5OA 



さっそく猪鹿庁メンバーも見させていただきましたが、
ハンターとして共感できる点が多く、
改めて気を引き締めて猟に出なければならないなと考えさせられました。

狩猟時のハンターの行動や心理などが、大変リアルかつ分かりやすくできており、
見始めたら入り込んでしまい、最後まで見れちゃうと思います。

まだご覧になってないハンターの方や、
狩猟に興味がある方は是非ご覧になって下さい!! 

野生動物対策技術研究会 第5回全国大会
広報課のやっさんです。(今回もやや固い内容になります・・・。)

11/20(木)、 11/21(金)と島根県益田市で開催された、『野生動物対策技術研究会 第5回全国大会』に参加してきました。
(島根県、遠かったです・・・。)

テーマは、「鳥獣法改正に伴う人材育成のあり方と求められる専門技術者像」。



今回の全国大会では、鳥獣被害対策に関わる自治体などの担当者や捕獲に携わる関係者により、

 ・『改正鳥獣保護法※』のねらい
 ・現場の課題
 ・改正内容の実効性を高めるための今後の対応
 ・捕獲技術に関わる情報提供と効果的な捕獲
 ・各県で配置されつつある専門技術者の役割と配置の重要性
などに関して、説明や意見交換が行われました。


※『改正鳥獣保護法』に関しての補足
 今年に成立した、『鳥獣保護管理法』(正式名称:鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律)を指します。
 改正前の『鳥獣保護法』(正式名称:鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)から、「管理」の視点がより強く示される形となっています。
 もの凄くざっくり言ってしまえば、法改正前は「保護」の意味合いが強かったのに対し、改正後は、「保護」だけではなく、数の増えすぎた動物は狩猟者や業者が「管理」(減少)しよう、と言う考え方となります。

今大会に参加させていただき、全国から鳥獣被害対策に関わる人達が集まったこの場においても、やはり、鳥獣被害対策に関して「人材不足」であるという事と、「専門技術者の育成が急務」という事が共通認識であるという事をあらためて実感しました。


↓現状の問題点として、鳥獣被害対策の担当の県職員が3年ごとに移動となってしまい、ノウハウが毎回リセットされてしまうという点があります。そのためにも鳥獣専門指導員を設置するという背景があるとの事です。



↓県レベル、地区町村レベルなど様々な場面において、専門家の人材育成、育成支援などの取り組みが必要となるんですね。







 普段、シカやイノシシたちと体と頭を使って格闘している日々において、『猫の手も借りたい!』と感じているのは、猪鹿庁だけではないんですね。
 また、猪鹿庁の得意な分野を更に伸ばしつつも、今後は技術やノウハウを広めていく活動も必要だと改めて感じました。 


以下、今回僕が参加した視察や分科会の様子などについて少し。

↓簡易箱わな作成実習

 この箱わなはホームセンターで購入できるもので簡単に作成可能。ぜひ試してみたいです。

↓分科会『最新の捕獲技術の紹介と捕獲機材の設置、使用上の留意点』

 この『まる三重(みえ)ホカクン』は、スマホ端末からオリの様子の監視から遠隔操作までが可能との事。凄い!!(お値段もそこそこしますが。)



この様な場に参加させて頂くことによって、自身の勉強になる事はもちろんですが、自分たちの活動を客観的に捉えることができるし、
何よりも他の地域でもアツい思いで獣害対策などに取り組んでいる方たちと交流できる事で、多くの刺激を得られる点が大変有り難いです。


それと、猪鹿庁のみでやれる事といったら当然限られてしまうので、今後は全国の獣害対策に取り組んでいる様々な組織間でのネットワークを強めて、技術や情報を共有する事が必要になってくるだろうなぁと、強く考えさせられました。


今後の活動にご期待ください☆



勉強会 in 新潟

こんにちは。そしてはじめまして。10月より猪鹿庁に入庁しました、通称「やっさん」と申します。

(詳しい自己紹介などは追々させていただきます。)

 

先日の10/6(月)、10/7(火)の二日間、新潟県の長岡まで、猪鹿庁とは別の地域で活躍する、鳥獣被害対策の中間支援組織の集まりに行ってまいりました。

 

その道の第一線で活躍する、大学の研究者の方々などを中心としたプロフェッショナルから、対策現場での苦労話やノウハウなど、大変貴重なお話を伺うことができ、自分自身はまだまだ全くの素人ながら、刺激を沢山頂きました。

「鳥獣被害対策」と一言で言っても、地域によってその対象となる動物や手法などは本当に様々だという事を実例をもって知ることが出来ましたし、何よりも確固たる使命感を持ってこの仕事をしている皆さんの熱量の高さに、完全に打ちのめされてしまいました。

これは猪鹿庁としてもますます気合を入れて頑張らねば!

 

1日目の夜の飲み会では、長岡の美味しいお刺身などをつまみに、ビールを飲みまくり。

飲み会の参加メンバー全員が一人も欠けることなく、四次会まで熱い「ケモノトーク」は続くのでした・・・。
↓四次会のバーにて。先生の頭はずっしり重い・・・



 

そんな強力な結束力を持ったこのネットワークを今後ますます強め、活動内容もどんどん広げていきますよ!

 

乞うご期待!

2014年度猪鹿庁の活動予定!
こんにちは。
長官のぜんです。

さて、猪鹿庁ではようやく今年度の事業計画がまとまり、エンジン全開!! といったところです。


今年度は大きく3本柱で活動いたします。

①猪鹿庁の体験ツアーの充

②猪鹿庁オリジナル商品の開発・販売

③鳥獣被害対策に取り組む民間団体の調査


まず、①ですが猪鹿庁が取り組む、里山保全活動を年間通して、多くの方と一緒に取り組みたいという想いで、体験ツアーを企画運営いたします。冬期は、とっておきの素敵な場所を拠点にし、猟師しか味わえない食や遊びをこだわって提供していきますよ!

次に②は、6年目でようやく、本腰入れて猪鹿庁のオリジナル商品を開発・販売していきます。今年度より、強力な仲間も増え、一気に加速していく予定です。
海や川の猟師とも連携しながら、日本一の山・川・海の産物が旨い!長良川流域圏を目指します☆

最後に③は、全国に猪鹿庁の仲間を増やしていきたいという想いから、野生動物に関わる民間団体・組織を増やしていく運動を行っていきます。今年度は鳥獣被害対策や利活用、エコツアーなどに取り組む団体・組織にヒアリングを行い、調査します。

今年度から、①と②にはセブンイレブン記念財団さま 、③は地球環境基金さまから助成をいただき、活動を加速させていきます。6月上旬には求人案内も出しますので、一緒に猪鹿庁を盛り上げていきたいという方は、ぜひご連絡ください。



 

写真はセブンイレブン記念財団授賞式(捜査一課GO)
漁師と猟師の植樹祭!
こんにちは。
長官のぜんです。

本日、郡上漁協の主催する植樹祭に行って参りました。
昨年から参加していますが、今年は猪鹿庁が取り組んでいる岐阜県の「地域の担い手を活用した鹿の新たな捕獲体制整備事業」の一環として、少し参画してまいりました。



内容はというと、植樹した場所に、防除柵として猪鹿無猿柵のネット柵を300m張り、 その周りでわなによる捕獲、猟期は銃による捕獲の検証を行い、防除からの捕獲体制も構築し、育林にも貢献するといったものです。








朝8時から始まって終わったのは16時でした。
お手伝いいただいた方々、ありがとうございました!

明日から、柵周りのパトロールを行います!


捜査一課のGO と ショムニ課のみーさん
 
【ご報告】ついに猪鹿庁が農水省に!!!?
こんにちは!
長官のぜんです。

うれしいご報告です!!

猪鹿庁の活動が

「平成25年度 鳥獣被害対策優良活動表彰」において生産局長賞を受賞いたしました!!




http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/saigai/140131.html


 
今後も、猪鹿庁は加速していきますよー☆
応援よろしくお願いします!! 
MATAGIシンポジウムin東京

MATAGIシンポジウムin東京が開催されま~す(^0^)/


里山再生~明日からできる獣皮活用
鳥獣被害に苦しむ里山地域で発生した獣の皮をテーマに
都市部、墨田区のもつ「ものづくり」のノウハウや人々の知恵を里山とコラボレーションさせ、都市と里山、双方を活発化させていく可能性を見出す事業を進展させるためのシンポジウムです!

有害鳥獣の問題に興味関心を持っている方
捨てられていくもったいない命、資源(毛皮など)をどうにかしたいと思っている方
今は直接関わりがない方も知ることで社会が変わっていくきっかけになります!

また、活用に向けた取り組みをしている、これからしようとしている色んな立場の方々が集う場なので、繋がりをつくる意味でもとても有意義なイベントとなること間違いなしです!



日時:2014年2月21日(金)
    13時30分~18時10分(受付け開始は13時~)

場所:すみだ産業会館 8階 サンライズホール

参加費:3,000円
     ※事前申込みが必要です。当日参加申込み者は4,000円

申込み締め切り:2月17日(月)

申込方法:ホームページ上の参加受付フォームにて事前登録が必要です

クリック!!→MATAGIシンポジウム参加登録受付

※事前登録にあたって
・2月17日(月)受付分まで登録可
・参加費は当日受付にてお支払いください(現金のみ)

野生獣(猪・鹿)の駆除後に排出される残皮を“地域資源”として有効活用しようと取り組む「MATAGIプロジェクト」シンポジウム開催のご案内です。獣皮活用方法が手に取るように判ります。明日に繋がるこの機会を活かしましょう!

 

<主な内容>

・皮革製品にするための獣皮処理方法

・獣皮を売りたい買いたいを繋ぐ新たな提案

・製品見本の販売&先進事例発表

・獣脂を皮革製品クリームとするセミナー

・試作皮なめし、皮剥ぎ講習会、なめし工場見学会の先行受付

などなど、盛りだくさんの内容です。参加申込&開催内容は添付資料をご覧ください。

 

日時:平成26年2月21日(金)13時~18時

場所:東京都墨田区 すみだ産業会館(JR錦糸町駅徒歩1分)

※会場都合上、先着300名の参加受付

 

☆お土産コーナー併設

原皮保管(腐れ防止)のための天日塩無料配布(100個限り)、キリンビール試飲会、ジビエ料理の試食会、獣皮活用製品の販売等

 

MATAGIプロジェクト実行委員会 担当:革のまちすみだ会 山口




三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまとタッグを組みます!!
こんにちは。
長官のぜんです。

表題にある通り、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社さまが今年度創設した、『ソーシャルビジネス支援プログラム』に採択されました!!

本プログラムは、ソーシャルビジネスに取り組む事業者を対象に「金銭的支援」と、当社役職員による「プロボノ支援」を実施するものです。

http://www.murc.jp/publicity/press_release/press_131217_1

内容としては、鳥獣被害対策や狩猟者減少という社会課題を整理し、猪鹿庁的中間支援組織を育成していく意義や可能性を探る提言書(白書的なもの)を作成する予定です。

狩猟サミットに引き続き、猪鹿庁の今年度 2発目の花火です!応援よろしくお願いします☆
猪鹿庁オリジナル檻の『肉の畑』が、連日稼動!!
研究課から・・・



猪鹿庁が、鳥獣被害対策を中間支援(地域住民の自主的・自衛的な捕獲)をおこなっており、郡上市の西和良地区にて、猪鹿庁オリジナル檻の『肉の畑』が連日稼動しております!!







解体場も大忙し!!


この鹿肉は・・・


次回のBLOGで・・・
タグ: 肉の畑 猪鹿庁 鹿
| 1 | 2 | 最初 | next>>