プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2453586
Today:18
Yesterday:284
| 1 | 2 | 最初 | next>>
BBQ検定、受講してきました!(合否はまだ不明・・・)
こんにちは、野営と焚き火をしながらのBBQが大好きな、やっさんです。


この度、日本BBQ協会にて行われた、
今話題のBBQ検定を受講してきました。



この検定を受けるにあたり、
お仕事上?のねらいとしては、
『猪鹿庁のツアー企画や商品開発での、
ジビエ肉をご提供をさせていただく場面
における付加価値の向上』


といった感じで、それはそれで当然ではありますが、
何かと獣肉を食べる機会が多い身としてシンプルに

『旨い肉が食べたい!』


という理由での受講です。


この日の検定は、名古屋市にある精肉&輸入食材店にて、行われました。
こーいった試験的なものは、狩猟免許の試験以来ですが、
ややビビりつつも入場。



日本BBQ協会の会長、下城氏本人による解説、実演が行われました。

カウボーイハットとウエスタンシャツがとっても似合うダンディな方です。

もともと、アウトドア関連のインストラクターや解説者として
テレビなどでも活躍されていたという下城氏。
更に最近では大学にて「プロデュース論」といった授業もされており、
その解説は非常に分かり易く、示唆に富み、そして楽しい!

まずは、ウェルカムカクテルならぬ、
ウェルカムBBQフードをいただいた後に、

座学にて
そもそもBBQとは何か?
本場のBBQと日本のBBQの違いは?
BBQの発祥から本場アメリカにおける現状

などのお話から始まり、

日本のBBQにおける問題点」的なお話から
スマートなBBQをするための心得」など

BBQにまつわる様々なお話を伺うことができました。

その中でも
一人焼肉は成立するが、一人BBQは成立しない
という言葉にはすごく納得されられ、
BBQというものの位置付け、役割を再認識する事ができました。


座学の後は、実際にBBQをやりながら、試食をしながらの実演です。



BBQに必須となる道具の解説
チャコールレイアウト
炭の温度の確認方法
分厚いステーキ肉の焼き方
肉の焼き加減(レア、ミディアム、ウェルダン)の判断方法
美味しい野菜の焼き方
などなどが、
流れるように解説→実演(実食)されていきます。
そのどれもが、うんうんと頷いてしまったり、
直ぐに自分で試したくなる内容ばかり!

特にチャコールレイアウトは、
その名称が必殺技っぽくてお気に入りです。
無駄にその名称を叫びたくなります。

↓チャコールレイアウトの1つ「ツーゾーン・ファイア」!


↓分厚い牛肉は「スリーゾーン・ファイア」で豪快に焼く!


↓豚のリブは「スプリット・ツーゾーンファイア」!でじっくりと。



美味しく食べるための技術」は当然のことながら、
BBQにおける「エンターテイメント性」や「おもてなしの心
といったコミュニケーションのツールという側面を
非常に重要視している事が随所から感じられました。

↓ついパサつきがちな鶏肉もこのしっとりモイスチャー感!!



↓串BBQもこの豪快さ。


全てをしっかりと試食しながら、
ここでは敢えて書いていないコツやウンチクなどを沢山学びつつ、
お腹も満たされつつ(実際どれもウマい!)、
自分の中のBBQという概念が大きく変わる体験でした。

また、解説をする下城氏と、その下城氏をサポートする、
その他のBBQインストラクターの方々との
息の合ったやりとり、スムーズな進行は非常に勉強になりました。



そして、筆記試験のお時間です。

↓全部で30問の筆記試験。「ガチで採点し、合否を決めます。」との事。


ほとんどは今日1日の話や実習の内容を理解できていれば
回答できる問題のはずですが、
中にはこんなの習ってない!という問題もいくつかあったり・・・。
(自分が覚えてないだけ?)

合否の発表は約一ヶ月後との事で、
それまではちょっとモヤモヤした感じにはなりますが、
きっと、合格しているはずです・・・たぶん


今回得た知識や技能を、
これからの猪鹿庁ツアーの食事で
鹿肉、猪肉などをご提供する際にもバリバリ活かしていきますよ〜!

まずは猪鹿庁の狩猟イベント内で、どう活かそうか、イロイロと画策中です・・・。



それから、
郡上でこだわりのハム、ソーセージ作る「サムライソウルブッチャーズ」
の社長兼職人でもあり、
猪鹿庁のジビエ商品の生産&開発にもガッツリ関わっているメンバー、
三島もこの日、しっかり受講しましたよ!

今回得た知識・技能を、ツアーだけでなく、
猪鹿庁のジビエ商品にもしっかり活かしていきますので、
ご期待ください!!

ワイン三昧勉強会 in 信濃ワイン
広報課のやっさんです。

11/17(月)に長野県にある老舗ワイナリー「信濃ワイン」様に伺い、鹿肉やイノシシ肉などのジビエ料理に合う、ワインの勉強会に行ってきました。

実は、高山市にある商社「山一商事」様の企画として、猪鹿庁と信濃ワイン様で『飛騨高山 半径100km地産地消プロジェクト』として、ジビエとワインのコラボレーション企画準備をさせていただいております。



↓猪鹿庁の鹿肉入りのフランクやフライッシュケーゼと信濃ワインは良く合います。


郡上から高速道路を使って約3時間ほど。
長野県の信州塩尻桔梗ヶ原にある
信濃ワイン様のワイン工場に着くと、直ぐに自家農園に案内いただきました。

↓風が吹き抜ける農園。
風が多いこの地域(塩尻)。風通しが良い事は、ワイン畑の重要な要素だそうです。



↓信濃ワイン・広報の橋詰様より、シナモンと蜂蜜入りの特性のホットワインを振舞っていただきました。
 少し冷える野外のブドウ畑で飲むホットワイン。贅沢です。


↓その後、地下のワイン熟成庫へ。(本来は写真撮影はNGでしたが、特別に写真を撮らせていただきました)
 大量のワイン樽とボトルが眠っています。


↓貯蔵庫内は芳醇なブドウの香りで満ちていました。


↓ワインを試飲しながら、信濃ワイン様の歴史や、長野のジビエ事情などを伺いました。
 また、長野のベテラン猟師の方から、長野での狩猟の状況なども伺うことが出来ました。


↓夕刻になり塩尻の街中にある「Tom's Restaurant」へ移動し、夕食会へ。
 カジュアルな雰囲気ながらも、こだわりのジビエ料理と信州野菜が食べれます。


↓シカ、イノシシだけでなく、熊肉の料理もいただきました。旨い!


↓やっぱり、ジビエには赤ワインが合いますね。メンバー一同、遠慮なく何杯もお代わりさせていただきました。



と、何だかひたすらワインを飲んでいるだけのようなレポートになってしまいましたが、
今後も「信濃ワイン」様とのコラボレーションによって、魅力的な商品企画なども検討しております。

ご期待ください!
まんぷくジャーニーdeまんぞくジャーン♪
はじめまして。猪鹿庁食べる課のなッつです。


新年明けてから早1ヶ月が過ぎ、2月となりました。


例年にない陽気候で、私たちのいる郡上市大和町ではすっかり雪が溶けてしまいました。

















しかし、とある場所に行ってみると、どーん!!




もひとつ、どーん!!



なんと、七輪 infront of the 巨大かまくら、雪だるまを発見しました!!


実は本日2月1日…

岐阜まんぷくジャーニー(以下まんジャニ)企画

『驚愕の!!イノシシ丸焼き実演&かまくらでどぶろく』

~冬の郡上大和でジビエを満喫~


ジビエ(野生鳥獣肉)を五感で体験してみませんか?まずは鹿の角でアクセサリー作り。その後猟師の話を聞きながらイノシシ丸焼きの実演を見学します!昼食は、なんとかまくらの中で熱々の鹿肉カレー、シシ汁をいただきます。七輪で焼くぷくぅとしたお餅には郡上味噌をつけて。さらに、どぶろく特区の町、大和のどぶろくも味わえます。お酒が苦手な方はノンアルコールの甘酒をどうぞ。食べて、飲んで、雪にふれて、冬の大和町を存分にお楽しみ下さい。


という美味しい日だったのです。


そして、タイトルの


『驚愕の!!イノシシ丸焼き実演&かまくらでどぶろく』


と謳った以上、かまくらが必要ということで、


大和町観光協会の方々が
相当必死に雪をかき集め作ったものでした。





今回、猪鹿庁はこの企画の中にある


『鹿角アクセサリー作り体験』


をすることになり
若手猟師のGO君が行くことに。


おいしいジビエ料理が食べれるかもしれないので


私もおねだりして行けることになったのです♪


名古屋や東京、新潟など色々な所から30名以上もの参加者の方が集まりました。





ポカポカ天気のもと、


まずは、『鹿角アクセサリー作り体験』


鹿の角をノコギリで切って、




わ~い。




穴をあけて、ヤスリで磨いて、ニスを塗って、紐をとおして、



出来上がり~♪



みなさん、色んな形の鹿角ネックレスが出来上がりました。



(注:エリンギじゃないよ!)↓

オリジナルお土産完成でーす。






アクセサリーも出来たところで、いよいよメインのお昼ごはん。

メニューのラインナップも流石です!!

・しし汁
・鹿カレーライス
・ジビエ肉まん
・餅(郡上味噌添え)
・どぶろく
・甘酒
etc…





ジビエ肉まんは、商品開発途中!! 一足お先にいただきました~♪
皮はもっちり、具はジューシーで美味しい。




しし汁は、お野菜たっぷりでトロトロでした!
一緒に食べると身体がぽかぽか温まります。




郡上のどぶろく
奥の奥(辛口)
大和歌魅(甘口)

運転される方用に甘酒までありました。




参加者の中には、こんな素敵なしおりを作ってくる人も。


かなりの本気さが伝わってきます!!



マイカップならぬ、マイおさけ、おちょこセット持参にびっくりー!!


他にも、ビールを持ってくる人、

手づくり鹿角ナイフをもってくる人、

なかなか、気合が入っている、自由なみなさんでした(笑)





大人が入ってもOK! 

頑丈なかまくら



薪割り体験も。



わな猟体験も。




この他、イノシシ丸焼実演もしました。






アットホームな雰囲気と、美味しいジビエ料理(お酒も)で、


心もお腹もまんぷくで、とってもまんぞく!!



ということで食べる課、本日の任務終了です。






長良川おんぱく・『猪鹿庁発!山を知り、郡上猪を骨の髄まで喰らう!』
長良川おんぱくの一環として、

12月1日(土)に
『猪鹿庁発!山を知り、郡上猪を骨の髄まで喰らう!』
ツアーを開催しました。

長良川おんぱく(長良川温泉博覧会)とは・・
岐阜市の川原町界隈(岐阜公園周辺エリア)を中心に、10月20日から12月2日まで120の体験交流プログラムを開催します。平成20年8月「明日の宝もの」として認定を受けた川原町界隈は、まちづくり会による景観整備や飲食業などの出店が徐々に進んでおり、新たな川原町界隈(岐阜公園周辺エリア)の魅力をお伝えいたします。長良川おんぱくを通して、まちの人が主役になり、新たな連携が生まれ、120のプログラムを通じて、出会いと感動が生まれていきます。



まずは、オリエンテーションで、郡上市における猟師の高齢化や農家の被害・森林被害・人口林の拡大や放置など、里山の現状・課題があり、それらを猪鹿庁では、一つ一つ解決していこと、活動していること理解していただき、実際の山へ入りました

山と行っても、民家に近い里山に入り、古いケモノ道や新しいケモノ道を発見して違いをしり、サルの糞もあって、その中に柿の種が混ざっていて、柿を食べていたことを知ったり、山からすぐ見える民家を見て、野菜が丸見えで、ちょっと野生動物の気持ちになって歩いてみました

少しづづ参加者もケモノ道や足跡が見えてくるように、猟師目線で歩いて『ここもそう?』『これ何の足後?』など、話が飛び交うようになり、ちょっと猟師の感覚が身に付いた感じでした



その後、わなの体験を行いました
実際にどんな罠の使っているのか、どういうところに仕掛けているのかなどお話を聞き、実際に参加者で仕掛けてみました




なんと子どもたちまで、『やってみたいと声があがり、一度体験した参加者から、やりかたを教わって自分で罠にかかっていました(笑)
この罠は一度体験れば、すぐに誰でもでき教えることができるので、子どもたちも何どもやっていました



わな体験の後は、解体所を見学しました
猪鹿庁の衛生管理課のもみーが解体をしていて、鹿の皮を剥いだ後の状態を見学しました
参加者は興味心身で、もみーに『どのように解体するのか?』『どの部位がロース?』など、質問攻めでした

その後、猪鹿庁特製の『猪骨ラーメン』の登場です
2009年の頃、猪の骨が捨てられているのを知って、猪鹿庁が初めて取り組んだ商品
博多の本場、とんこつラーメン(白ちゃんラーメン)の大将・阪本さんにはるばる郡上までお越しいただき技を伝授していただいた、猪骨ラーメンの復活です
猪の骨だけを使い、8時間じっくり煮込んでスープをとった猪骨スープ!
今回は、夏の鹿の骨付きカルビを使ったチャーシューを作りました
今の時期の猪のように脂がのってて、美味でした



参加者は実際に麺を好みで茹でてみたりとラーメン作りも行いました




年一回の幻のラーメンですので、猪の骨があれば、次回開催いたします




でも、里山の現状や課題を知った人しか食べれないので、ラーメンだけ食べたい方はご遠慮ください



ワイン会ご報告

コレ何かわかります??

寿司ワインです!!

しかも

スペイン産
hecho en españa

そんな変わりダネのワインを楽しめる
ワイン会
行ってまいりました。

酒のいとうさん企画のイベントです。

今回ご紹介したワインは、赤と白あわせて7種類。

どれもジビエにあうチョイスです。

とくに7番の
グラディウム・テンプラリーニョ・ホーヴェン
gradium temprariño joven(スペイン産)

は鹿にぴったりの赤。

意味は
若さからの一時的な卒業
・・・
ちょっと大人の背伸び
ってニュアンスかなー。

さて、ジビエ料理を提供してまいりましたので
飯レポートです!


メニューはこちら!!

大好評おなじみのハーブリエット。
右が鹿で左が猪。

猪のほうが色が白っぽくなります。
味もまろやかで甘みたっぷり。

鹿は猪にくらべたら
さっぱりしてコクのある味わいです。

パンに乗せてチーズと合わせて食べてね。


こちらは鹿肉のスパイス煮。
ターメリックやカルダモン等のインド系スパイスで敢えて
お酢で煮てあります。
お酢で煮るとお肉が柔らかくなって、食べやすくなるんですよー☆


鹿ジャーキーのペペロンチーノ
お野菜はキャベツを使用しました。
カブの菜や大根菜、菜の花なんかと鹿はめっちゃ相性いいですよー。
オリーブオイルでニンニクとスパイスで敢えてみてください。

後は
の鶏ちゃん(Kちゃんありがとう)



いとうさんオススメのチーズ各種。
いちばん右の丸いのは、ヤギのチーズ
さっぱりして食べやすかった!



↑寿司ワインだけに奥のはチラシ寿司!


大好評だったワイン会
またまた開催予定(!?)

お知らせしますので、お楽しみに☆

マルシェ・ジャポンで猪鹿庁@六本木
4月14日

東京、六本木にて

わかもの農援隊の学生さんたちの協力のもと
http://ameblo.jp/nouentai/



猪鹿庁の

猪・鹿生ジャーキーが出品されます



アークヒルズ アーク・カラヤン広場
にて開催される、マルシェ・ジャポン


東京方面の方は足を運んでくださいね

マルシェとは?

フランス語で「市場」という意味です。
日本には心をこめて作られたおいしい野菜や果物、お肉などがたくさんあります。
作る人、食べる人もみんながわくわくする空間を作りたい
とはじめたのが
都市住民参加型の市場(マルシェ)
だそうです。


3月17日に国連大学前で開催されていたマルシェの様子


鹿肉のペットフード発見!!
という兵庫丹波からの出品です。
鹿丸ごと一頭(骨も内臓も)
ぜーんぶ独自の方法でペットフードにしちゃうっていうスゴイ技術。
栄養価も満点なので、とっても人気なんです。

わかもの農援隊とは?

「農からニッポンを元気にする」ことを目標に集まった学生団体。農業・地域活性化に取り組むサークルや個人が参加しています



郡上にも遊びにきてくれました。

自ら農家に入り、マルシェに月1回のペースで出店をし
作っている人と食べる人をつなげる
という事をコンセプトに活動しています。

「義務教育に農業を入れられたら、いいのにな~」
「食を考え直すイベントを開催したいから、と殺のワークショップをやってみた」
だの、とっても刺激的なわかものばかりです!

私はこのブログ
ほんっとーに感動しました

こんな面白い子たちが沢山増えて
活躍できるような場所がもっと増えたらいいですね。



そんなわけで、是非東京方面の方は
マルシェを楽しむもよし
わかもの農援隊の子からパワーももらうもよし
猪鹿庁のジャーキー買うもよし

ってな感じで。

遊びにきてね

abraso
猪鹿ちゃん出店のお知らせ
こんにちわー

良いお天気
突然雪が降ったりとビックリする天気が続いておりますが。。。


4月8日に久々の
猪鹿ちゃん出店決定いたしました~



です。
10:00~15:00

なんだかと~っても楽しそうなイベント♪

今回は大垣の助六さんとコラボ

で一緒に出店しますよ~。
助六さんといえば、有名なスーパー女将、

とーってもパワーあふれる素敵な方でした

コラボという事なので、

大垣の新鮮野菜
名物米、ハツシモ

と一緒に出品させていただきます!
食べたらご飯がいよ~~に欲しくなる猪鹿ちゃん。
今回初めておいしいお米と一緒にたべれますよー!

そして、助六さん名物のおうどん
も販売します

是非遊びに来てね!

そして、雨天中止なので
みなさまっっ!!!

晴れるようにいのってください!!!

てるてる坊主プリーズ!!

ケモノイズ、東京解体SHOW

行ってまいりました。

東京で解体ショー

今回出演させていただいたイベントは
猪鹿庁がいつもお世話になっている、
南風食堂さんの展示イベントです。
4月15日まで開催してます。
期間中はスペシャル鹿メニュー食べれますよ
東京の方はぜひぜひ

場所は恵比寿のTRAUMARISさん。
ご飯も、お酒も楽しめるんですが、アートギャラリーの空間です。


ショー事前のMTG


オオカミの祭壇。
お供え物を台の上に献上します。


猪鹿庁からは鹿の角を献上。
溶け込んでます。


解体用の台をセッティング


そろそろオープン。
TRAUMARISのトレードマーク的存在の鹿のオブジェが眺めてます。
コレ、本物の鹿なんです。
はく製にビーズをはりつめた作品なんです!
すごいでしょ!?

そして今回偶然にもこの鹿に見守られながらも鹿の解体ショーだなんて


鹿を台に乗せたとたんにシャッターの嵐!


みんな真剣にみてる。


皮はいでます。


すごい人!!!
(100人くらい来たんじゃないかなー?)
本当に真剣。

そしてBGMはお洒落な音楽に包まれてます。


お肉になってきました。


ロース、モモとお肉を分けていきます。

みんな近い!!


その一方ですごーくおいしそうな匂いが。。


料理研究家の方のイベントなんで、鹿料理です。
・特製鹿ステーキブランデーソース
・猪のトマトと野菜のスープカンパーニュ添え



フラッシュたいたら残念なかんじですが。。。
こちらがステーキ。
中めっちゃジューシー
鹿ならでわのあっさり感


まかないだー!!
って出てきた瞬間
みんなの手がのびるのびる(笑)

翌日は
捜査一課GOさんのトークショー
ここでも料理人の方がふるって料理を出してくれました。

左から時計まわりに、

フルタヨウコさんによる
骨付き肉と季節の野菜の煮込み
鹿のモモ肉を骨ごとお持ち帰り!
ごぼうと見事に溶け合ってぜつみょ~~な味わい

続いて
安田 花織さんによる
鹿団子ピタパンサンド。中近東風

もも肉をミンチにし、

パクチー、ニンニク、クミンをはじめスパイスとパクチー効かせた肉団子を自家製ピタパンに挟んで、ディルを入れたヨーグルトソースをかけてお出ししてくれました。

そして南風食堂さんの
鹿のカカオ煮チョコレートで煮込んでます!
イタリアでは鹿をチョコで煮込んで食べるらしく、赤ワインとお野菜でマリネした鹿のシチューです。
チョコの味がとってもマッチしていて、食べやすいですよ~~

猪、鹿肉を食べると体がぽかぽかしてきます。
これぞ大自然のパワー!?
Goさんなんて薄着でもいつも暑そうですよ(笑)


岐阜市こどもエコクラブ交流会~猟師入門(初級編)~
岐阜市こどもエコクラブ交流会に、特別講師として、参加させていただきました
もちろん、猟師の話

こどもエコクラブとは、幼児から高校生まで誰でも参加でき、1年間環境について体験しばがら学習する、環境活動のクラブ



ちゃんと、環境学習したことを展示されていました
スゴイ
こちらも、猟師に関わる展示をさせていただきました



熊も(笑)




子供たちの展示に、目を惹かれたのがこちら↓↓
身近に、動物が出てくるそうでイノシシやシカ・サルなどについて、実際に獣害にあい怖い思いをしたなどリアルな話など、まとめられていました。



最後に、動物当てクイズを作っています



開会式が始まり、まずはアイスブレイク
動物交差点
背中に動物名がかいた札をつけ、他の人に質問(私は何お動物ですか?は禁止私は四本足ですか?など)をしながら自分が何の動物か当てるというゲーム


ゲームをして、気持ちがブレイクしたところで、
1年間環境学習してきたことを発表
川の生き物の調査や野菜を育てた体験、動物の調査など、みなさん緊張しながらも頑張って話されていました


その後は、猟師入門(入門編)の話
みんな発表して疲れた顔をしながら、すでに寝そうな子もいましたが・・・
猟師って?
獣害って?(郡上市や岐阜市の被害)
など難しいお話しを少したところで、
足跡クイズをしました
実際の猟師が猟をするように、この足あとは何の動物かをみんなで当てながらクイズをしました
「これ、イノシシ
「これ、クマ

「これ、スカンク

「えっ・・・」
全員で、「わっはっはっは~(爆笑)」

おもわず、「スカンクちゃうわ~(笑)」など、
面白い回答あり、笑いありのクイズになりました


その後、わなの体験をしました



「僕、かかっちゃった(#^.^#)」


最後に、みんなができること
ゴミの捨て方(カラスなどに食べられないように)
住み家をつくらない(草刈など)
エサを放置しない
(家や学校裏にある果樹や畑の野菜を放置しない)
人の気配を感じさせる(山であそぶ)
食べる(牛や豚と同様、命があるものを最後まで頂く)
普段の生活で活かしながら、
みんなで里山保全しよう
お伝えしました

猟師のことや野生動物について知り、ちゃんとした理解をして、普段の生活にいかせてもらえばと思います

みんなと、また会えるの楽しみしています



酒と泪と猪と鹿
こんばんわ~~

先日の試食会レポートまだまだ、途中なんですが

16日におもしろ~~いイベントに参戦させていただいたので

ご報告しちゃいまっす

ワイン好きなら絶対いくべし!

ツキイチワイン会

毎月第三木曜
19:30~
参加費¥3,000

スーパー肉食系女子ジビエガール参戦
真ん中の男性が種田シェフ。


こんな感じで
・ジャズ生演奏
・オーナーシェフが素材からとことんこだわったコースメニュー
水谷酒店のワインアドバイザー水谷さんの厳選ワイン

が楽しめるんです。
本当にご飯もおいしいし、
ワインも上質なものばかり。
飲み方もきちんと教えてくれるし
お手頃で価値のあるイベントですよ

超オススメ

今回はジビエとワインって相性バツグン
ってことで猪鹿庁からお肉を提供させていただき、

・鹿肉のハーブリエット
・猪鹿庁ジビエジャーキー

を差し入れしました~~。

大好評

さてさて、ワインと一緒に楽しむメニューは

大垣のとれたて有機野菜、自家製マヨネーズ

ザウアークラウトと上石津産み立て卵のポーチドエッグ

猪と有機玄米のコロッケ

かかかかかかかk

かわいいぃぃ


こんなあつまっちゃって可愛いすぎる
食べるのがもったいない~~


あ、しっかり
食べつくしましたけど。何か?

だってきちんと食べないともったいないじゃん。
めちゃめちゃおいしかったし!

猪のラグーと岐阜県産小麦の生パスタ、レジネッテ

パスタはエルクアトロギャッツさんが提供する生パスタ。
ねじねじとねじれてるからレジネッテって名前なんかな??

こちらは肩肉をじっくりと赤ワインで煮込んでほろほろにしたソースです。

鹿肉のロティールイチゴのワインソースと

ローストディーフ!??(鹿)
とってもやわらかで、味がしっかりとしていて
これって鹿にしかできない味わいじゃないの!??
ってぐらい絶妙。

下ごしらえを2日前からじっくりと手間暇かけてしてくれました。

このロティールを一口食べたあと赤ワインを飲むと
また味わいが変わるとか。

ワイン好き絶対食べるべきでしょ!?

普段は、そのまま焼いて塩こしょうで。。。
って食べる事が多いですが
(これもかなり贅沢な食べ方なんだけど)

こんな風にお洒落してステキになった猪や鹿肉をみているととっても嬉しくなるのでした。

娘を都会に嫁にやって、様子を見に行ったらめちゃめちゃお洒落になっていた娘を見た時の
可愛くなった事を誇らしく思う一方で
女としてのジェラシーと
あぁ、よその子になってしまったのね
というさみしさが入り混じった
母親のような複雑な心境になるのでした(??)

私もおかんになったらこんな風に思うのかしら((笑))

ツキイチワイン会
めっちゃお勧めです!
ぜひぜひ訪れて。


以上
ジビエ課グルメレポートでしたぁ!

試食会第2弾もあるから
まっててねーー!!


================
2月25日、26日(土日)
11:00~16:00
道の駅やまとにて
猪鹿庁オリジナル、
獣肉ジャーキー発売イベント開催します!
・ジャーキー販売
・ジャーキー試食
・特製ジャーキースープ(限定発売)
・プチ猟師体験
などなど盛りだくさん!
遊びにきてね!
| 1 | 2 | 最初 | next>>