プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2127640
Today:45
Yesterday:411
学校教育団体さま向けプログラムも絶好調です!
ご無沙汰しております、広報課のやっさんです。

郡上もすっかり夏モードになり、
猪鹿庁の母体である「メタセコイアの森の仲間たち」では、
小学生向けの子どもキャンプイン!という感じで、事務所もバタバタしております。
実は「猪鹿庁」としても、学校教育団体さま向けの体験教室なども行っています。

主に都市部の中学校や高校生向けに、
郡上の自然体験(林間学校)的なイベントの一つとして
猟師体験プログラム」を実施しているんです。

今回は、それらの様子をご紹介させていただきます。
※今回ご紹介させていただいたく内容や写真は、
 複数のプログラムから抜粋しており、ほんの一例です。
 実施する場所や、学校様のご要望により内容が異なります。

↓まず、「猟師」に対するイメージをみんなに考えてもらいます。

この時「おじいちゃん」、「怖そう」、「毛むくじゃら」、
「健脚」、「山のエキスパート」、「くさい」等々、実に様々な意見が出てきます。
(あくまでもみんながこの時点で抱いているイメージであるため、正解・不正解はありません。)

↓その後、猟師や現象や高齢化、里山における獣害の増加などの現状をはなします。すごく真剣に聞いてくれます。



↓その後、実際に里山や山をトレッキングします。
 出発直前には猟師の装備の話。なぜオレンジのベストや帽子が義務付けられているのか?等々生徒たちに考えてもらいながら、猟師の実情を説明します。


↓こんな感じで里山の中を歩いて、獣の痕跡や電柵などを実際に見に行きます。
都市部に住む生徒たちにとっては、このような田園風景を歩くだけでも新鮮なようです。


↓希望する生徒には、猟師ベストを着てもらったり。
フリーでワンサイズのこのベスト。中学生にはデカすぎ!



↓さて、けもの道はどこにあるでしょうか?皆んな真剣に探します。


↓箱わなについて解説したり・・・


↓地元の方に、里山の昔と今についてのお話などもしていただきます。
 この郡上地域も、以前はこんなにも鹿や猪が多くはなかったそうです。
 昔から住む地元の方にお話ししていただくと説得力が違います。


↓実際にくくり罠をかけたり、かかってみたり・・・。


↓山で枝を拾ってきて、シカ肉入りフランクを焼いて食べる!
 

↓鹿皮を使ったアクセサリーを作る事も。


↓運良く、カモシカに遭遇!することもあって、生徒たちは大興奮!!

↓ふてぶてしく余裕のカモシカ。普段はちょっと腹が立つ事もありますが、
 こーゆー時に出てきてくれると「ナイス!」って感じですね〜。


↓農家民宿「愛里」さんの、地元の食材がふんだんに使われた
 ジビエ弁当を食べる事もあるんです。このお弁当、本当に美味しい!


↓最後には、自分たちでも今日からできる獣害対策について考え、発表してもらいます。鋭い意見も多くて関心してしまうことも多くあります。




と、こんな感じで、楽しみながら、猟師や獣害対策について知っていただく
プログラムです!



プログラムの内容や所用時間も色々とご要望に合わせて調整可能です!

学校関係の皆様、ちょっと変わった自然体験などにご興味があれば
ご連絡くださいね!!


『猟師体験&ジビエ料理堪能ツアー』大盛況!
3/7(土)、3/8(日)に、
猟師体験&ジビエ料理堪能ツアー』が行なわれました!

今シーズン最後の満を持してのスペシャルツアーでしたが、
非常に幅広い年齢層かつ、バラエティーに富んだ熱い想いを
持った参加者の方々が、郡上に集まって下さいました。

東海三県や静岡県を中心に、
遠くは埼玉からも本ツアーのためにご参加いただいた方も
いらっしゃいましたよ〜。
(何と猪鹿庁ツアー初のワンコも2匹参加!!)



1日目。
参加者全員で簡単な自己紹介をした後は、雪山装備に着替え、
郡上の里山・山中を実際に歩いての『狩猟体験』!


始めは獣の痕跡を見落としがちだった皆さんも、
本物の鹿の足跡や、うさぎや鹿のフンなどを発見するにつれ、
徐々に猟師の目になっていってましたよ。

↓狩猟擬似体験として、弓矢や、やり投げなどを実際に体験。
 皆さん、徐々に使い方に慣れてきて、的に矢が当たるようになってくると、
 どんどんとヒートアップ!眠っていた猟欲が目覚める!?


↓こんなにかわいいちびっ子も参加してくれました。


↓スノーシューやカンジキを履いて、大人も子供も一緒になって遊びます!





狩猟擬似体験』で、里山のすぐ近く(と言うか、民家の庭)までにも
獣たちが来ていることや、
狩猟の「大変さ」と「楽しさ」をしっかりと感じていただいた後は、
獲物の『解体教室』です。


今回解体をしたのは、当日の朝に獲れた雌鹿。
参加者全員で黙祷をしてからありがたく解体をはじめます。


↓衛生管理課・籾山による、解体教室。
 だんだんと美味しそうなお肉になっていきます。


↓参加者の皆さんにも、がっつり解体をしてただきました。
 解体をする皆さんの目は真剣そのもの。




そして、おまちかねのディナーは、メグ料理長による、
こだわりのジビエ料理を堪能!
「猪鹿庁・特製シシ鍋」をはじめとした拘りの料理や、
また発売していない開発中のスペシャル商品である、
「鹿ジャーキー」や「猪ベーコン」等をたっぷりと堪能!!

↓今シーズンとしてはかな〜り貴重な、脂のしっかりのった
 イノシシ肉を使った猪鹿庁・特製シシ鍋‼︎


↓「信濃ワイン」を含め、こだわりの各種ドリンクが飲み放題との事もあり、皆さん、お酒が進みまくり。
 会話の内容もだんだんとディープになっていきます。



↓参加者の皆さん同士が打ち解けてどんどん仲良くなってゆく様は、
 見ているこちらも嬉しくなります。


↓夕食後、まだ飲み足りない皆さんは、コテージに戻っても飲み続けてました。
 僕も一緒に飲みたかったですが、ぐっと堪えましたよ…(泣)



かな〜り深夜まで話し込んでいた方もいらっしゃったみたいですが、
こんな感じで1日目の夜は更けてゆくのでした…。



二日目。
ジビエ朝食としてフライッシュケーゼ・バーガーなどを食べた後は、
ワナ講座&鹿角クラフト体験』です。

実際のワナの設置を体験していただいた参加者の方からは、
自分もワナ免許を取りたくなった!」と嬉しいご意見もいただけました!

↓ワナの種類や設置の仕方などを説明する、長官・興膳。



↓鹿角を使ったアクセサリーを作るクラフト体験。
 鹿の角って硬い!!皆で協力して作ってました。




そしてお昼ご飯は、ジビエBBQです!!
猪のスペアリブや猪レバー、鹿ロース、鹿の心臓などなど、
他では中々に食べることが出来ないジビエ肉を堪能!



お昼ご飯の後は、最後に皆様と今回のツアーのふりかえりを行い、
一泊二日の本ツアーは終了となりました。
(終了後も猪鹿庁メンバーと話し込んでいた方も結構いましたよ。)

と、こんな感じでかなり詰め込んだツアーとなりましたが、
参加者の皆さんから感想を一部ご紹介。

『今回の体験で、「命をいただく」という事を実感できた。』
『スタッフが熱い思いで楽しそうに活動している事が感じとれた。また、スタッフの細やかな気配りが嬉しかった』
『始めは知らない者同士が、わいわいと楽しく過ごせた。』
『自分のこれからのライフスタイルを考えるきっかけを貰えた。また来ます。』
『将来猟師になるつもりだが、知識だけではなく、体験する事が大事だと分かった。』

などなどの大変ありがたい感想を沢山いただけました。


一泊二日のツアーという事で、今回のツアーでは、
参加者の皆様と、猪鹿庁メンバー一同がたくさんお話をする事ができました。
(まだまだ話し足りない感じではありますが・・・。)
そのお話の中で、猪鹿庁の今後のツアーのヒントも沢山いただく事ができました。

今後も猪鹿庁でしか体験できないスペシャルなツアーを
企画していきますので、皆様ご期待くださいね〜!
猪鹿庁の関連イベントのお知らせ(1月末~3月上旬)
みなさま、今期の猟果はいかがですか?
猪鹿庁メンバーは、それぞれ山に解体処理施設に、新商品研究にイチゴ作りに励んでおります。
ここ郡上市では、12月の大雪によってイノシシやシカが大量に里付近に降りてきてまして、捕獲が例年の2倍となっています。捕った分、活かす方もがんばりたいです!!

さて、今年の猪鹿庁はイベント盛りだくさんですよーー!

さっそく、直近の猪鹿庁が関係するイベントを5つほどご紹介させていただきます!


■1/29(木) 『「本気」でつくるサステナブルな社会
 →「サステナブルビジネス」と「ESD」をキーワードに、
  「経済」と「教育」、2つの領域から、持続可能な社会に向けての
  「事業化」を模索します。サステナブルな社会のために、
  NPOと企業のマッチングを成立させ、プロボノの価値をどう根付かせるか。
   猪鹿庁としては、長官・興膳が出演し、多様なステークホルダーと
  議論をする予定です。


■2/7(土) 『冬の森で雪遊びとアニマルトラッキングエコツアー』 満員御礼!
 →「かすがい環境まちづくりパートナーシップ会議」様向けの
  特注エコツアーです。
  お子様からご年配の方までの幅広い年齢層の方に向けて、
  野生動物と森林の関わり方について、遊びながら考えます。


■2/15(土) 『里山の恵み!ジビエで婚活!
 →主催:マリアージュ郡上、プロデュース:猪鹿庁によるユニークな結婚イベント!?
  猟師の世界を楽しみながら、肉食男子、肉食女子になって
  素敵な相手をハントしましょう!
  




■2/22(日) 『郡上のはたらくを見に行こう!』 
 →郡上には、豊かな自然環境の中、自分のペースで楽しく「はたらく」人
  たちがたくさんいます。
  猪鹿庁の「働く男」代表である!?長官・興膳と雪山をプチ散策しながら、
  猪鹿庁での仕事を覗いてみませんか?
  



■3/7(土)・3/8(日)『猟師体験&ジビエ料理堪能ツアー
満員御礼!!沢山のご参加、ありがとうございます!

 →今年度はじめの目玉企画です!
  猪鹿庁メンバーと一緒に、狩り体験や解体教室、
  鹿の角や皮を使ったクラフト体験まで、
  迫力の猟師生活や仕事を体験しましょう〜。
  もちろん、イノシシ肉やシカ肉のジビエ料理を
  たっぷりと堪能していただきます!

 【追記・お礼】
   あっ、という間に定員に達してしまいました!
  沢山のご参加をいただき、本当にありがとうございます!

   ただいま、キャンセル待ちとしてのご予約が可能です。
  キャンセル待ちをご希望の方は、下記リンク先の
  応募フォームよりご登録をお願いいたしますm(_ _)m


  詳しくは↓を参照ください!!
  http://inoshika.jp/tour/
  


と、かなりのイベントラッシュではありますが、
皆さん、狩猟ジビエ婚活田舎ぐらし、などなど、
上記イベントについて何か興味がひかれた方は
ぜひぜひ郡上及び猪鹿庁に遊びに来てください!

お待ちしております!!
ジビエ課料理教室レポート
こんにちは~~
毎度宣伝ですが、明日開催です!
================
2月25日、26日(土日)
11:00~16:00
道の駅やまとにて
猪鹿庁オリジナル、
獣肉ジャーキー発売イベント開催
します!
・ジャーキー販売
・ジャーキー試食
・特製ジャーキースープ(お昼時間からの限定発売)
・プチ猟師体験
などなど盛りだくさん!
遊びにきてね!
=============================

さてさて、今回はみなさん色々気にかけていただいている

ジビエ課料理教室のレポートです!

郡上の可愛いカフェ
アルパカさんで開催されている様子をレポート。

まずは初めての方も見えると思うので、何をやっているかをご紹介します。

作っているものはコチラ!

クラッカーに乗っているもの。
鹿肉のリエットです

フレンチのお惣菜で、パンやクラッカーに乗せてお召し上がりください。
とってもおいしくて食べやすく、ヤミツキ!!

レシピ提供は南風食堂のホールクッキングから!


作り方は

お肉を~~(鹿肉)



ハーブと薬味と混ぜて

お鍋で煮るだけ!!

簡単でしょ??

ワークショップでは男性の方沢山参加されて一緒に。

身内が猟師なんです。
って方がたくさん!!


一緒にお肉を切ります。
鹿肉はもらう事があっても使い方が分からない。。。
という方がほとんど。
伝えがいがありますね!


テイクアウト用の小瓶もあるので、みんなで小瓶のデコレーションします。


猪、鹿肉についての栄養価や狩猟の背景も学びます。
みんなジビエの話は知っているようで知らないことばかり!
クイズ形式で盛り上がります


そんな大好評アルパカルチャー、3月も開催します!!
詳細はコチラ!!

【日時】
3月22日、29日(木)
13:30~15:00
【場所】
郡上市大和町徳永142-1
【料金】
大人:1800円(ドリンク、お土産小瓶、材料費含む)
子供:500円(ドリンク代)
【内容】
・鹿肉のハーブリエット作成
・オリジナル小瓶デコレーション
・ジビエのウンチクあれこれ
【お申込み】
メタセコイアの森の仲間たち
担当:山室・辻本
TEL 0575-88-1085
MAIL:staff@metamori.org
【お申し込みについての留意点】
※受付締切は開催日の3日前まで
※キャンセル料:前日キャンセルは料金の50%、当日キャンセルは100%申し受けます。

よろしく~~

ジビエ試食会レポート その2
こんにちは~~

前からだいぶ時間空いてしまいましたが、

ジビエ試食会レポート第2弾です!!

お待たせしました

ではでは、皆様気になる料理レポートいきましょー


シシ肉のガレット
おがたま さん
ガレット(仏: galette)は、フランス料理菓子の名称。「円く薄いもの」を意味するが、特にそば粉のガレットを指すことも多い。(Wiki)
これおいしかったわーフレンチなんだけど、和風っぽい味付けで非常に食べやすかった!シシ肉の下はお米になっていてとってもフレンチなんだけど、ミニ丼?みたいな新感覚のレシピでした。


シシ肉おくみのコロッケ
丸忠精肉 さん
おなじみコロッケー!小さな一口サイズでとっても食べやすかったです。そしてシシ肉そぼろとごぼうのマッチングがやみつき!とっても食べやすい一品なので、ジビエ初心者でもホイホイっと食べれます。


シカ肉カレー
じぇいあん さん
じぇいあんさんのカレーおいしすぎでしょ!!
鹿肉??ってのをあまり感じさせない
誰もが食べやすい味に仕上げてくれました。

よく、これって本当に鹿肉入りなの??
という質問が飛び交っていましたが、

本当に鹿肉入りです。

私も鹿肉カレー自分で作ったことあるのですが、
鹿独特の風味がいい感じに溶け込んで、
癖なく食べれるんです。

ちょっとお魚のマグロっぽい風味もします。
それは鹿肉の栄養価・成分が
お魚に通じるものがあるからなんです。


シシ肉の佃煮
郡上高校食品流通科のみなさん
隠し味にコーラを使用しています。
味を染み込ませて、甘みをだす工夫ですね!
これもご飯がとまりません!

あとは。。。
私が写真取りに行ったときは売り切れで
ココでアップできなかったーー

ごめんなさい!
でもジビエ試食会はなくても
名店のメニューなので、ぜひぜひ足を運んでみてください。

シシ肉チャーハン
鉄板でしょ!
ボリューム満点でランチもとってもお手頃なのでおすすめ。
チャーハン以外にもシシ肉ラーメンもありますよ。

清竜さん
しし鍋
郡上でしし鍋といえばココ!!
猟師さんの旅館です。郡上は猪の3大名産地
そこでさらにしし鍋の名店ときた。
シシ鍋は3月15日までなのでお早めに~~
また、獲物がないと準備できないので、お食事ご希望の際はご確認を!!



おなかいっぱいで楽しい夜でした~~

ジビエ試食会第2弾もあるのか??

以上お楽しみに~~
================
2月25日、26日(土日)
11:00~16:00
道の駅やまとにて
猪鹿庁オリジナル、
獣肉ジャーキー発売イベント開催します!
・ジャーキー販売
・ジャーキー試食
・特製ジャーキースープ(お昼時間からの限定発売)
・プチ猟師体験
などなど盛りだくさん!
遊びにきてね!
酒と泪と猪と鹿
こんばんわ~~

先日の試食会レポートまだまだ、途中なんですが

16日におもしろ~~いイベントに参戦させていただいたので

ご報告しちゃいまっす

ワイン好きなら絶対いくべし!

ツキイチワイン会

毎月第三木曜
19:30~
参加費¥3,000

スーパー肉食系女子ジビエガール参戦
真ん中の男性が種田シェフ。


こんな感じで
・ジャズ生演奏
・オーナーシェフが素材からとことんこだわったコースメニュー
水谷酒店のワインアドバイザー水谷さんの厳選ワイン

が楽しめるんです。
本当にご飯もおいしいし、
ワインも上質なものばかり。
飲み方もきちんと教えてくれるし
お手頃で価値のあるイベントですよ

超オススメ

今回はジビエとワインって相性バツグン
ってことで猪鹿庁からお肉を提供させていただき、

・鹿肉のハーブリエット
・猪鹿庁ジビエジャーキー

を差し入れしました~~。

大好評

さてさて、ワインと一緒に楽しむメニューは

大垣のとれたて有機野菜、自家製マヨネーズ

ザウアークラウトと上石津産み立て卵のポーチドエッグ

猪と有機玄米のコロッケ

かかかかかかかk

かわいいぃぃ


こんなあつまっちゃって可愛いすぎる
食べるのがもったいない~~


あ、しっかり
食べつくしましたけど。何か?

だってきちんと食べないともったいないじゃん。
めちゃめちゃおいしかったし!

猪のラグーと岐阜県産小麦の生パスタ、レジネッテ

パスタはエルクアトロギャッツさんが提供する生パスタ。
ねじねじとねじれてるからレジネッテって名前なんかな??

こちらは肩肉をじっくりと赤ワインで煮込んでほろほろにしたソースです。

鹿肉のロティールイチゴのワインソースと

ローストディーフ!??(鹿)
とってもやわらかで、味がしっかりとしていて
これって鹿にしかできない味わいじゃないの!??
ってぐらい絶妙。

下ごしらえを2日前からじっくりと手間暇かけてしてくれました。

このロティールを一口食べたあと赤ワインを飲むと
また味わいが変わるとか。

ワイン好き絶対食べるべきでしょ!?

普段は、そのまま焼いて塩こしょうで。。。
って食べる事が多いですが
(これもかなり贅沢な食べ方なんだけど)

こんな風にお洒落してステキになった猪や鹿肉をみているととっても嬉しくなるのでした。

娘を都会に嫁にやって、様子を見に行ったらめちゃめちゃお洒落になっていた娘を見た時の
可愛くなった事を誇らしく思う一方で
女としてのジェラシーと
あぁ、よその子になってしまったのね
というさみしさが入り混じった
母親のような複雑な心境になるのでした(??)

私もおかんになったらこんな風に思うのかしら((笑))

ツキイチワイン会
めっちゃお勧めです!
ぜひぜひ訪れて。


以上
ジビエ課グルメレポートでしたぁ!

試食会第2弾もあるから
まっててねーー!!


================
2月25日、26日(土日)
11:00~16:00
道の駅やまとにて
猪鹿庁オリジナル、
獣肉ジャーキー発売イベント開催します!
・ジャーキー販売
・ジャーキー試食
・特製ジャーキースープ(限定発売)
・プチ猟師体験
などなど盛りだくさん!
遊びにきてね!
ジビエ料理試食会レポート その1
おはようございます

ジビエ課なーなです

昨日は雪がたーんと降りましたけど、
道の駅やまとではHOTな一晩となりました


地美恵(ジビエ)
ジビエ料理試食会が開催されました!

目的は、
ジビエ(野生のお肉(猪や鹿中心))
を食べてもらって、郡上の恵みを味わって
もっと食べる文化を作ろう!って会でした。
レシピも印刷して配ってます。


合計12のお店や団体さんがレシピと料理を出してくれました。

ではでは、その様子をレポートしまーす!

18:00、オープニング

挨拶。
続々と集まる人たち。


「へいらっしゃい!」

気になる料理レポート。

猪鹿ちゃん塩ダレ焼うどん
猪鹿庁
郡上名物鶏ちゃんに乗っかって、猪と鹿のお肉を特製塩ダレに漬け込んだ一品。野菜と炒めて食べます。焼うどんにアレンジも可。ニンニクとごま油の香りが食欲をそそります。


鹿肉の煮込み
三河屋 さん
「ちわー、三河屋ですー!」。。。じゃなくって、、、
これは醤油ベースの鹿肉の土手煮です。硬くて捨てられがちな、スネやスジの部分をじっくーり煮込んでほろほろに仕上げてあります。
タレだけでご飯10杯はイケる!


シシ肉ロール白菜
和風料理八屋 さん
ロールキャベツならぬロール白菜!しかもシシ肉!
じっくりと煮込んだロール白菜にはお肉のウマミもシシの甘みも沢山溶け込んでます。
割ると、シシ肉の綺麗に色づいたピンク色に関心しますよ。


しし肉生姜焼き
デリカ岐阜 さん
これまたご飯がいくらでもイケる!
赤みには生姜焼きのタレが染み込み、脂身にはシシのジューシーさがつまっています。
生姜とシシ肉のパワーで食べれば体がほかほか


と今日はここまで!

まだまだありますよー!
次回もお楽しみに!

================
2月25日、26日(土日)
道の駅やまとにて
猪鹿庁オリジナル、
獣肉ジャーキー発売イベント開催します!
・ジャーキー販売
・ジャーキー試食
・特製ジャーキースープ(限定発売)
・プチ猟師体験
などなど盛りだくさん!
遊びにきてね!
山の幸が本日無料!!
以前もお知らせしましたが、

ジビエ料理試食会


本日、13日
18:00~21:00
道の駅やまと おがたま

で開催しまーす!


「猪ってくさいでしょ・・・?」
「鹿肉って硬いイメージ・・・」
なんて思ってるあなた!

なんてったて
今日は
タダ!
なんだから
まずは試食してみてください!

だって猪、鹿の肉っていったらヨーロッパじゃ
超超超高級食材なんですよ!!!

そして天然で育ってきた動物なので
アレルギーやアトピーの子でもおいしく食べる事が出来た
っていう事例もちらほらあるんです。

じつは郡上は猪の日本名三大産地
こんなに宝のあふれた郡上の素材をご賞味ください!

そして、
25日26日
猪鹿庁のジビエジャーキー発売イベント
やっちゃいます。


会場は
道の駅やまと

・プチ猟師体験できるかも・・・
・ジャーキースープ(お昼時のみの限定販売)

ジャーキーを買うことが猟師を育て、山を守る
エコツアーまで残り4日!
ご無沙汰しておりました!猪鹿庁☆庁官のぜんです

今シーズン最後のエコツアーもいよいよ4日後となりました。
実は今日、エコツアー2日目の肝となる午前プログラム、猟師体験(スノーシューをはいて猟師のアニマルトラッキング&わな猟体験)のプレ体験を行いました。

なんとそのプレ体験のお客様にお迎えできたのが、環境教育の先駆け的存在であるキープ協会の増田さんと加藤さん

昨年の12月に清里で森林環境教育の研修を受けたご縁で、研修後のフィードバックという形で来ていただきました。
里山保全を掲げる猪鹿庁には、森林環境教育は外せない分野で、今回は私たちのフィールドでの研修ということでかなりありがたかったです。



プログラム進行担当のもみ~も、普段にはない緊張した面持ちでしたが、しっかりインタープリターとしてがんばってましたよ。





終わってからのふりかえりでは、かなり参考になる具体的なアドバイスもいただき、取り入れたい要素満載で私たちがわくわくしてきました

そのあとも、今後の猟師事業をどのようにすすめていくか。
今更ながらという感じもありましたが、軸がぶれないためにメンバー一同でコンセプト作りも行いました。
かなりいい感じで意思統一ができたので今後の猪鹿庁は一気に加速していきそうです


これからも猪鹿庁のエコツアーをいろんな切り口で提案していきますので、ぜひ参加していただけるとうれしいです
里山の情報もしっかりと発信していきますので応援よろしくお願いします
初・有害鳥獣駆除
はじめまして~

猪鹿庁捜査一課の新米GOで~す

昨日(10/29)は、初の銃猟による猟師体験をしました
ワクワク感と緊張感の変な感じで、地元のベテラン猟師お二人と有害駆除にいきました

有害鳥獣駆除とは
イノシシ・カラス・ニホンザル・シカ・クマ・キツネ等が
農林水産物を食害・悪戯・人間を襲うなどの害を為す動物を、
地元猟友会に依頼し、銃やワナを使用して追い払い、またはやむをえず捕殺するものです

農作物被害の様子(例)


今回の猟法は、巻き狩り法
鳥獣を追い出す「勢子(せこ)」と、仕留める「立つ間」とに役割を分担して、
数人の猟師と数頭の犬が共同(グループ)で行う猟法に参加した


早速、準備して車で猟場へ



猟犬も、軽トラックの荷台の小さな檻・・・



猟場に到着して、勢子(せこ)と立つ間に分かれ、
新米のGOは、一番山を走り回ったりして体力がいる『勢子』側
里山を荒らす鳥獣を駆除すべく、いざ出発

勢子(せこ)


立つ間
初見猟銃



だが、すぐ急斜面が前に立ちはだかる
少し山を登ったことがある人でも大変そうな急斜面を、ベテラン猟師は、ひょいひょいっと上がっていく
さすが



歩きながら、鳥獣の痕跡を探す
『ここ、鹿が通ったとこやな』
『ここから、あっち方向に行ったな』
『これは3日前に土を掘って、猪がミミズを食った跡やな』
など、実際に見たかのように話している

なんでわかるん


新米のGOには、見た感じ全くわからないのだが、
そこで、じっと見ていたかのように感じた
情報収集能力、スゴ過ぎる
なんかビックリして鳥肌がたった


その後も、次々を痕跡を探し続け
鹿の糞を発見



GOには、こんなものしか見つけられない
カエル


どんどん、鳥獣を追いながら山の中を進み、
新米のGOが、動物を発見

なんと、天然記念物のカモシカ

しかし、カモシカは天然記念物なので捕獲できないので、そっとしとくことに
突然いたので、びっくりして写真とるのを忘れてました

次は、猪の糞を発見
どんどん、ベテラン猟師は見つける
さっきの鹿より、かなり大きい



その跡も探し続けたが、痕跡はたくさんあったのですが、結局仕留めることができませんでした

勢子(せこ)は、情報収集能力もいるし、山を知っていないと歩けないし、山を歩くので体力もいるし、
もっともっと一緒に山を歩いて、体が覚えるまで勉強せなあかんな~っとつくづく思いました

有害鳥獣駆除の期間は市や地区単位で違いますが、今日(10/30)で有害鳥獣駆除が終了しました

去年の岐阜県郡上市の有害駆除頭数は、
猪289頭・鹿134頭・猿106頭で、
今年は、去年以上に捕獲しているそうです

今年は捕獲数が多い分、里山の被害も多いそうです
 
11月15日から、猟期が始まるので今回の情報収集の仕方と山を忘れず、どんどんベテランの技を盗もうと思います