プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2457183
Today:19
Yesterday:692
イノシシの捕獲

昨日、ベテラン猟師が久しぶりにイノシシを捕獲いたしました

大きなイノシシで引っぱり役でお手伝いをさせていただきました


今の時期はイノシシもシカも出産時期ということもあって、あまり姿を見ないのですが、今回は筍を堀りに来たイノシシが檻に入ってしまったようでその捕獲に同行しました



なかなかの大物で、おおよそですが60kgくらいのイノシシでした



ベテラン猟師が仕留めた後は、細い山道をせっせと引っ張り水辺までおろします

これは、若者の仕事

下り道とはいえ60kgを引っ張るとなると、なかなか大変でした


水辺に着くとさっそく、血抜き(内臓除去)をしました

内臓を取り出していると、お腹の中から5匹の子シシがでてきました


出産まであと1月くらいかかると思いますが、子シシが出てきたときは、なんとも言えない気持ちになりました。

母シシも生まれてくる子シシのために食べ物を探すことに必死だったんでしょう。

『命をいただく』ということとは・・・改めて考えさせられました。


血抜きが終わった後は、解体場に運び解体し予約のあったお客さんにお渡ししました


いただいた命が無駄にならず、生きる糧になってくれるのは本当に大切なことです




これは、イノシシの胆のう
『熊の胆(クマノイ)』と同じものです

これも大切に使わせていただきます

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=8033