プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2454597
Today:10
Yesterday:311
ついに、捕獲しました~!!!
今年、初雪が降りました




いつも通り、猪鹿庁捜査一課のモミーとGOは、
朝に罠の見回りをしています

モミーは事務所近くの山(八幡町島)を見回って、
GOは出勤する途中(明宝寒水)に仕掛けてある罠を見に行きます

去年からお世話になっている罠猟師のM師匠が、2~3
年前まで捕っていた絶対かかる場所を、今年教えて頂き、明宝寒水に罠をしかけて17日目

GOが、見回っている罠に異変が・・・

何かいます・・・



イノシシや~~

急いで罠猟師のM師匠に電話して、ベテラン猟銃猟師の
八幡のT猟師と新米の猟犬と一緒に来て頂き・・・




T猟師が、猟銃で・・・





そして、すぐにT猟師は新米猟犬を、イノシシの近くに連れ
て行き、『噛め噛め』とわざと噛ませ、調教させていま
した初めてみたいで、ビビリながら噛んでいましたが・・・

『噛ますことで自分で捕れると、自信を持たせることが大
事だ』とおっしゃっていました



しかし、雪が一面に積もったにも関わらず、黒く土が見え
ているところは、イノシシが暴れまわった跡です

今回のイノシシは小さかったので、そんなに掘られていな
いようですが、M猟師言わく、大きいとそこらへんもっと堀
起こし、木に罠のワイヤーを絡みつけて、ワイヤーを簡単
に切っていくようです

皆さん、もし山で罠にかかっているイノシシを見かけても、むやみに近づかないようにしてくださいね





20キロぐらいの、イノシシをロープで結び、車のところまで引っ張って行きました





つづきまして~
ここからは、もみ~の文章でお楽しみください




さてさて山から引っ張り降ろしてきたイノシシですが、次にするのは、【血抜き】と【冷やす】です


さっそく車で移動して川まで降りて【血抜き】をしました
※あまり気持ちのよくない血抜きの写真見たい方は、個人的にご連絡を・・・


血抜きは、おもに内臓を取り出します
内臓を取り除くと血も大量に取り除けます

腹を割ってみると、か~なり脂ののったメスのイノシシでかなり上物の初物でした


これで血抜きは完了




【心臓】



【胃】



【小腸】



などなど内臓もほとんど食べられるものばかり

昔は、余すことなく食べられてましたが、手間がかかるために今では捨てられることも多々あるようです


血抜きが終わったイノシシは、体温が上がって腐敗が進まないように、3時間程水に漬けて、その後解体所に運んで熟成させることにしました


今回獲れた初物のイノシシは、猪鹿庁メンバーで食して次の猟の糧とします

罠猟は、ドカ雪が降るとできなくなってしまうため今月中が勝負

のこりわずかな時間ですが、目標はあと4頭

頑張ります
コメントエリア
■やったねえ〜〜。おめでとう。
おめでとう!!。おめでとう!!

猪鹿庁メンバー やりましたねえ〜〜。
しかも、メスの上物ですね。
普通、わな猟は2〜3年はボウズ覚悟と言われてるのに、2猟期目にして穫れるとは、お見事ですね。
師匠達の指導も良かったのでしょうが、これからが楽しみですね。

私たちのグループは銃猟専門ですが、雪が無く跡が見えないのでイマイチです。

ところで、写真の虎毛の犬、ウチの新米犬「銀」とそっくりですね。
まるで兄弟のようですが・・・・・。
郡上の浜チャン 10/12/11 21:46

■ありがとう
郡上の浜ちゃんへ

ホントに師匠のおかげです
見つけた時は、自分に突進してきてビックリしました

郡上の浜ちゃんも猟師なんですね
お会いできる日を楽しみにしています

新米猟犬は八幡の猟犬なので、もしかしたら兄弟かもしれませんね(笑)


■猟犬の使い方は?
猟犬を使われてますね?長野県八ヶ岳付近ではあまり犬は使いません。同じ雪山なのですが、なぜでしょう?
永松 敦 12/02/28 07:53

■コメントありがとうございます。
永松さん
長野では猟犬使われていないんですか!?
昔は、鳥をとるために使用されたことも聞いたような気がしますが、どうなんでしょう?雪が多いからですかね。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=5148