プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2488812
Today:82
Yesterday:363
富山、黒部からのお客様
おひさしぶりです!!

ご無沙汰していてすみません!

猪鹿庁まだまだ、生きてます(笑)

さてさて、本日は
からお客様がきてくれました。

こんなバスで


総勢17名!


きっかけは、以前に
長官であるぜんさんが
北陸農政局さんの所に講演にいったところ、
「是非、郡上に行きたい!見せてほしい!」
という連絡をいただき
ご案内させていただきました。

あいにく今は猟期ではないので
山を案内したり
獲れたての獲物をお見せしたり
などハンティングシーズンのわくわく感を
ダイレクトにお伝えする事はちょっと難しかったですが


猪鹿庁の取り組みを紹介。

猟師をやりながら
自分たちがぶち当たった課題や
解決すべき問題もちゃんと伝えます。


中には猟師さんや農業をやられている方も。


お昼には
・猪鹿ちゃん
土里夢さんにご協力いただいて、
・猪ちゃんコロッケ(里芋ベースでおいしい!)
・真心こもったおにぎり
をいただきました!

解体所も見学。

ツアーを終えて、
「富山にも来て欲しい」
「うちは若い子らがおらんから、難しいんや」
とのご意見をいただきました。

今回、アテンドをさせて頂いて一番大切だな
と気づいたのは
当事者意識をいかに持ってもらうか
という事でした。

場所が違えば
その土地の山はもちろん
生活、リズム、仕組み、人間関係
も違います。

猪鹿庁としては
全国でも猟を通じて山で起こっている事
里山を守るための活動を広めていきたいと活動をしているのですが

根本的に
その土地のものは
その土地に暮らす人たちで守らないといけない
から、その土地にすんで
猟師にまつわる問題を解決する
というところまではできないのです。

そうじゃないと次の世代に続いていかないし
自分たちのアイデンティティを守れないから。

私たちは今までやってきた事や
解決できた事
失敗したな〜って事も含めて
猟師についてのいろいろをお伝えできます。

猟師をキーワードにつながりを作る事もできます。

やります!!!!

呼んでください、来てください!
お問い合わせはコチラ。


このブログをここまで読んでくれた方や
今日来てくれた黒部の方々、
ありがとうございます。

でもできる事って結構簡単なんです♪
例えば
・残飯をのこさない(獣が食べにきちゃうから)
・山肉を食べる
・山で遊ぶ

とか。

今度は
富山で開催される
食の祭典に出張出店して参ります。
猪鹿ちゃんジュージューしますよっ!

9月16、17日
遊びにきてくださいね!

タグ: 富山 郡上 山肉
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=14329