プロフィール
猪鹿庁 メタ森支部さん
里山保全組織★猪鹿庁です。
猟師になって7年目を迎えますが、猟師の6次産業化を目指して日々奮闘しています!
冬は猟、夏は自然体験や広報活動と日々の活動を発信していきますので応援よろしくお願いします。
猪鹿庁オフィシャルサイト→http://inoshika.jp/

banner
QRコード
アクセスカウンタ
Total:2085216
Today:457
Yesterday:815
ジビエレシピ~猪・鹿のスジ肉どて煮~
おひさしぶりです!

ぶりぶり!

レシピアップするって言って、

もうはや1月末

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

早い~~!!

飛騨・高山と郡上ではまた雪の降り方が違いますね。

でもやっぱ冬はさむいんじゃー!
暖房は欠かせんのじゃー!

って訳で、ぽかぽかレシピのご紹介。

猪・鹿のスジ肉どて煮

猪や鹿肉を解体してると、スジ肉って部分は硬いので捨てられがちになってしまうんです。

<(+o+)>モタイナーイ

で も !

このストーブを使う季節だからこそ、できる料理
下処理にストーブを使って3日間も煮込みました。


下処理さえしてしまえば、あとは野菜と一緒に味付けして仕上げるだけ!

まずは下処理の方法
====================
材料
スジ肉(猪・鹿混合) ~ 1kg
ネギの青い部分 ~ 12本くらい
生姜(スライス) ~ 10枚くらい
酒 ~ ひとまわし
====================
作り方
1.スジ肉をこぶし大くらいに切り、鍋に入れる
2.ネギの青い部分とスライスした生姜を入れ、水をひたひたに入れる
※このとき材料の半分のネギと生姜スライスで煮込みます。
3.沸騰してから10分くらい茹でます。途中で浮いた灰汁はとります。
4.いったんお湯を捨てて、スジ肉を丁寧に洗います。
5.食べやすい大きさに切って、再び残りのネギと生姜スライスを入れ、水をかぶるくらいの分量まで入れたら、酒を回しいれます

6.再度煮込みます。
あとはストーブの上でじっくりじ~~っくり。
途中でお湯をたしながら、焦げないように!

・・・3日後

冷ますと、余分な油が白く固まって浮いてきます。
丁寧に取り除いてください。

これで下処理終わりです。

どて煮の作り方
=====================
材料(4人分)
猪・鹿のスジ肉(下処理済み) ~ 400g
ごぼう ~ 1本
板コンニャク ~ 1枚
ねぎ ~ 1本
しょうが ~ ひとかけ
★さとう ~ 大さじ6
★しょうゆ ~ 大さじ2
★みりん ~ 大さじ2
★郡上味噌 ~ 大さじ2
★酒 ~ 大さじ6
★水 ~ 100cc
☆みりん ~ 大さじ2
☆郡上味噌 ~ 大さじ2
白ネギ ~ 少量(トッピング用)
七味唐辛子 ~ お好みで
=====================
作り方
1.コンニャクは適当なおおきさに手でちぎり、塩もみをして熱湯で2~3分茹でて下処理をする
2.ごぼうはささがきにして水にひたしておく
3.ネギは適当な大きさに切る
4.生姜は細切りにしておく
5.鍋に、スジ肉、と1~4までで下処理をした野菜を入れ★の調味料で煮込む
7.煮込んでいるときにアルミホイルなどで落し蓋をする
8.全体的に煮えてきたら、最後に☆の調味料を加え、とろみがつくまで煮詰めたらできあがり!


9.トッピング用に白ネギを細切りに、薬味をお好みでかけて召し上がれ!


うぅぅぅぅ!
ブログ書いてたらめっちゃおなかすいてきた~~~!

ではでは
散!

クリスマスと忘年会とジビエのどて煮

豪雪クリスマス
でしたね!

猟日和!!!!

朝、駐車場の雪かきを一時間かけてしました。

その5分後にでっかい除雪車が来て

5秒で片付きました。


瞬殺。\(゜ロ\)



さてさて、猪鹿庁クリスマス

モチの論

鹿解体

さぁ解体いくっべ。(本当)


でもでも忘年会は超豪華

料理紹介しちゃいます

みんなヨダレをぬぐうティッシュの用意を!

猪のハム

猪の炊き込みご飯

どて煮!
これ3日間煮込んだの!
レシピは近日公開します!

猪ベーコン
+シーザーサラダ

湯気で何もみえない!!
しし鍋


一年のしめくくりもジビエ尽くしでした。
2011年たくさんの人たちに支えられ、
猪鹿庁もやってまいりました。

屋台出店を繰り返したり、
猟師ツアーの開催
TVにも出ました。

そして
いつも猟についてアドバイスしてくれる
地元の猟師さんに皆様

ありがとうございました。

来年度も
よろしくお願いいたします!
猿でもできるジビエのレシピ〜チャーハン〜
寒っ
さむーい
SAM!

I am S A M

(^・<・)ん?

郡上も本格的に寒くなってきましたね

今日のレシピはチャーハン

だってアンケートで、

おお。
そう来たか。
ヤッテやろうじゃん(^_^)ノ

早速HOW TOです
=====================
★ジビエジャーキーのチャーハン★
=====================
材料(2〜3人前)
・猪、鹿のジャーキー 〜 30g
・玉ねぎ 〜1/2個
・ピーマン 〜 2つ
・キャベツ 〜 1/8カット
  ※野菜は冷蔵庫にあるものでOK
・卵 〜 1個
・ご飯 〜 1合
・塩、コショウ 〜 少々
・ゴマ 〜 小さじ1
・紅しょうが、きざみ海苔(トッピング用) 〜 少し
~~作り方~~

猪・鹿ジャーキーを熱湯で戻しお出汁をとります
(電気ポット等のお湯でOK)
1時間位。手でちぎって細かくしましょう。



野菜をそれぞれ細かく刻みます。


フライパンにうすーく油をしき、
玉ねぎとピーマンを炒めます。
キャベツはシャキっとさせたいので後から。


さぁココで、最初にお湯でお出汁をとったジャーキーを
投入!そしてお出汁も一緒にまわし入れて味を付けます。


炊いたご飯と卵をまぜておきます。
パラパラチャーハンにさせたいので、
ご飯は硬めに炊いておきました。


チャーハンがしゃびしゃびにならないよう、
ジャーキーのお出汁が蒸発したら
ご飯を投入!キャベツも投入!焼き混ぜます。
ゴマも入れます。塩コショウで味を整えます。
キャベツに火が通ったら出来上がり


お好みで紅しょうがときざみ海苔をトッピング

これは・・・
ウマッッッヽ(*´∀`)ノ
ジャーキーの出汁と塩コショウだけの味。
シンプルで簡単だけど、とってもおいしい
お肉も柔らかくなるので、小さなお子さんにも

お湯で戻して、お出汁とるの、
アリですねぇ(^0_0^)


前回は写真がなかったですが。。。
郡上市大和町の道の駅、古今伝授の里やまと

いつも新鮮野菜がいっぱい!
ココだけの話、ここで郡上のお米買ってみてください!
めっちゃ美味しくてほかでお米買えなくなりそうデスヨf^^*)


猪鹿庁がいつもお世話になっている
ベテラン猟師さんのお肉
ジビエITAYAのお肉が買えます

ジビエITAYAさんでは猟で捕ってきたお肉の下処理
をしっかりと行なっているので、
全然臭みのない美味しいお肉が提供できるんです

うす~くスライスされているので、調理も簡単
是非、ちょっといいお塩コショウで召し上がって下さい
ほっぺが落ちるおいしさ(*´∀`*)

アナタもこの冬ジビエデビューしてみませんか??
ではでは(o・・o)/

猿でもできるジビエのレシピ〜雑炊〜
こんにちは。
猟期絶賛
猪鹿庁です。

今日から郡上大和の道の駅
古今伝授の里 やまと
でも猪、鹿のお肉が買えます

さてさて、
今日は料理下手な私。

↑手斬りまくり。。。。
でも女子度をアップさせてモテた・・・
もとい、
簡単に作れちゃうレシピを紹介します。いえーい

きっかけは、コチラ!
岐大祭にて出店した時のアンケート
(※猪と鹿のジャーキーのサンプルの試食会を行いました。)

・・・ジャーキーリゾット、majado(マハド?)
なんじゃそりゃ(゜д゜)??

リゾット。
とりあえず雑炊ってことだよね!

(^-^*)(・・*)うん。

で、作ってみました。

ジャーキーのジビエ雑炊
レシピはコチラ
======================
材料(2〜3人前)
・米・・・1合
・猪、鹿肉のジャーキー・・・20g
・しいたけ・・・2枚
・人参・・・1/2本
・白ネギ・・・1/2本
・卵・・・1個
・生姜・・・細切りのもの少々
・塩・・・少々
~~作り方~~

今回はジャーキーを料理酒につけて、一晩冷蔵庫で寝かしてみました。


ご飯と一緒にジャーキーを土鍋で炊いちゃいます。
お粥をつくる位の多めのお水で。
ご飯の硬さはお好みで。


野菜を切ります。
左から、しいたけは細切り、人参は薄くイチョウ切り
ネギは大雑把なみじん切り、生姜の細切りを少々。
野菜は冷蔵庫の余りものでいいと思います。


お鍋がグツグツなり、ご飯が煮えてきたら
野菜をお鍋に投入!
蓋をして野菜に火を通します。


野菜が煮えてきたら
お好みで少し塩を加えて
溶き卵を回し入れます。
蓋をしてグツグツ。
卵に火が通るの待ちます。


できあがり!
====================

感想は。。。。
う~~ん
食べやすくて、美味しい(~_~メ)
美味しいけれど。。。

お酒に浸すだけでは十分に
お肉のお出汁が出なかったみたいです

雑炊とお肉の味がちょっと分離してましたわ

次回は
もっとじっくり、お肉を煮るか
熱湯にしばらく付けて戻すか
でトライしてみたいと思います!

ビーフジャーキーでもお湯につけて戻ぜば
代用出来るのでは??

レシピは簡単でしょ。

やっぱり獣肉の独特の風味は活かしたいですよねぇ

只今、
猪鹿庁では猪・鹿ジャーキー商品化を計画中★

( ゚ー゚)
ウン。
次回も頑張るぞ!
\(*⌒0⌒)♪
ではでは



ウマウマジビエのレシピ
こんにちは。
秋も深まってご飯が余計美味しい時期ですね

でも、でも、、、
ダイエット。。。(*´д`*;)
お腹のウキワちゃんがぁっっ!!゚(゚´Д`゚)゚

というアナタに心のオカズです



どーん
猪鹿ちゃん。


どどーん
鹿肉のリエット


どーん
ジビエカレーインド風
(これめっちゃ美味いけど写真が・・・)


お好み焼きっ(*´∀`*)

あ、余計食べたくなっちゃいました?

こんなに美味しそうなご飯があるのは、、、
猪鹿ちゃんのNEWレシピのために
料理研究家三原寛子さんに
お越しいただいたからデス
<(`^´)>
from TOKYO
東京のメシさ食えるぞ。

南風食堂とユニットでいろいろなパーティーや
シーンをプロデュース

なので、
お好み焼き&ジビエ料理パーリー
しちゃったYO!

準備中ぬーん

で披露された、料理をもう一回

NEW猪鹿ちゃん
特製味噌ダレ
さっぱりコクがあってご飯進むぅぅv(=^0^=)v
優しい風味なの



鹿肉のリエット

リエット??(゜д゜)??
え?(@_@;)

オシャレすぎる料理
猪鹿庁一同ア然
(´Д`)ポカーン

リエットとはパンなどに塗って食べるペーストのパテの事ですよ。
<(`^´)>(得意)

コレ。うす~~く切ったフランスパンに乗っけて、
トースターで狩リッ、、、もとい。
カリッとするまで焼くと
まじうまぁ(ノ∀`)


ジビエカレーインド風
写真が残念ですが、ジビエ課なーなイチオシ!
カイエンペッパー、ローリエ?コリアンダーの種ガラムマサラ?
・・・ハーブの名前が複雑で解りません(;゚Д゚)
などなど摩訶不思議スパイス入りまくりで
マジうまぁ('∀`)

そんな素敵レシピを披露してくださった三原さん。

解体所で鹿肉のモモ肉の骨抜きを見学
「骨で出汁とって何か作ってみま~す」
とホネ持ち帰り
どんな料理に仕上がるのかしら
o(-v-)oワクワク

最後にお土産
と南風食堂手ぬぐい
頂きました。

この世界観めっさ好き


さてさて、お次はジビエ・グルメ・グランプリで
三原さんたちも駆けつけてくれる予定なので
いつもの1,000,000倍スーパーな
猪鹿ちゃん食べれるかもYO☆

NEW猪鹿ちゃんお披露目デスヨッ!!
ではでは(o・・o)/

リベンジ!鹿グルメ
また

行っちゃいました。













グリルばくろ


ぴちぴちの
おなごの鹿を献上するために。

そしてやっぱり

食べたい。

食べたい。

どーーーしても食べたい!(`・ω・´)


プロの手にかかった鹿肉料理



Q.私たち美味しくなれるかしら?


A.ノープロブレム!!!
              byグリルばくろ


こんなオシャレなショーケースの中


鹿の角発見!

ではさっそく前菜から

相変わらずオシャレで飽きないお皿。

でたっ!
鹿肉のたたき

特製ニンニクダレで。

うまぁ(*´∀`*)

そして低温でじっくりと焼き上げたお肉

レバー、ハツ、ロースとありましたがどれも癖もなく
さらっと食べれちゃう。

マジうまぁぁぁっ!!゚(゚´Д`゚)゚


お釜でたいたご飯。
お米のつぶがほっこり立ってます。

鹿肉の卵とじ丼


あぁぁぁぁぁぁぁぁ
もうしあわせーーーー。゜(つд⊂)。゜。ヽ(*´∀`)ノ

特製赤だしと一緒にいただきました。

満腹('∀`)
でも鹿肉っていっぱいたべても
お腹にもたれない感じ。


うむ。
脂身も少なく軽い鹿肉は
とても低カロリーでヘルシーな肉なんじゃ。
低温でじっくり焼き上げれば、
風味豊かな味わいになるぞ。
             by○王


さてさて、
そんなヘルシーで美味しいお肉、
10月29日(土)、30日(日)で開催されます
高山産業フェスティバルにて

猪鹿ちゃん出店します。

まってまーす!
遊びに来てね(´∀`*)








山梨県に仙人発見!!!?

11月3日~5日の2泊3日で山梨県の清里っというところに研修に行ってまいりました


研修といっても【猟師】の研修ではなく、『森林環境教育コーディネーター研修』という、ちょって長くて分かりにくそうなネーミングですが、ようは、森林環境を多くの人に知ってもらうために活動している人(自然体験インストラクターなど)が田舎と都会、自然と人、田舎文化と企業など様々なモノやヒトと自然がつながるためのきっかけ作りやそのかけ橋としてコーディネートするスキルを磨く研修会っということです


今回のブログは、その【森林環境教育コーディネーター研修】について・・・




・・・ではなくて、その会場に向かう途中で立ち寄った【仙人小屋】っという料理屋さんについてご紹介します



山の中に突如現れ、庭でイノシシを飼い、猟犬を何頭飼っている小屋・・・


なんとも猟師クサ~イ、雰囲気がプンプンと・・・
(あまり突然に現れたので写真撮るの忘れました)


さっそく中に入ってみると、壁にデッカイ熊の革・カウンターテーブルの上に鹿の角付き頭、室内の柱という柱に鹿の角やなんやかんやと・・・


予想的中

完全な猟師小屋



実はここ、か~なり有名なお店としてインターネットでも多々紹介されかなり高い評価をもらっている隠れ名店でした


入店して迎えてくれたのは、小屋のご主人(自称仙人)でした

一目見ると、『ホンマ仙人っているんや』っと納得できる雰囲気の方でした


今回注文したのは、【またぎ汁】
なんでも熊料理らしいですが・・・


待つこと数分・・・出てきた料理は・・・



熊の背骨、熊の毛、熊の肉、冬野菜など、盛りだくさんの汁料理

一人前どころか、ちょっとした鍋よりボリュームありますけど・・・

熊肉のボリュームは、桁違い・・・

ざっと横綱白鳳の握りこぶしくらいは、ありそうな肉塊がドド~ン


お腹の中に押し込めるように食べきると仙人(主人)は、『猟師は気前よくいかなあかん』っと一言


気前良すぎです



熊肉をたらふく食って臨んだ研修会は熊パワーでサクサクっと乗り切りましたが、やっぱり腹こわしました・・・


特に日本人のお腹は、脂の分解は苦手なので皆さんも猪肉や鹿肉、熊肉の食い過ぎには、十分注意しましょう



今回訪れた仙人小屋
けっこうオススメです

http://www.oizumi.ne.jp/~sennin/

ぜひお立ち寄りください